無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8__ずっと居て。
あんな
あんな
…ウッ、ヒック私、これから…どうしよッ
ユンギ
ユンギ
ハッ!!あなた!!
あんな
あんな
ビクッ…??
振り返ると目の前にユンギで視界がいっぱいだった。
ユンギ
ユンギ
はァ、ハァ
あんな
あんな
(ユンギ、息を切らしてる…)
あんな
あんな
ど、どうしtッ
ユンギ
ユンギ
馬鹿かッお前は。どれだけ心配したかッ…
あんな
あんな
…べ、別に心配しなくてよかったじゃんッ
ユンギ
ユンギ
ハ?
あんな
あんな
…綺麗なお姉さんと仲良くずっと居たらよかったじゃんっ。……(涙)
あなたside
ダメだ。さっきのこと思い出して、また涙がでてくる……ユンギの前で泣きたくないのに、
次から次に涙が溢れ出てくる。
あんな
あんな
ウゥッ、…ヒック。
ユンギ
ユンギ
…ほら、泣くなよッ(涙を拭き取る)
ユンギ
ユンギ
お前、勘違いしてねぇか?
あれ、俺の姉ちゃんだぞ?
あんな
あんな
え、……嘘やろッ。
ユンギ
ユンギ
嘘じゃねぇよッ
あんな
あんな
じゃ、私……勘違い…してたんだ。
ユンギ
ユンギ
…はぁ、良かった~。お前が急に居なくなるから、俺ほんと不安で。
ユンギ
ユンギ
あなた、これからもずっと俺と居てッ。
あんな
あんな
え、は、はいッ。
あなたside
なんか、いつものユンギじゃない。…
さっきから顔も赤いし、
ユンギ
ユンギ
帰るかッ…
あんな
あんな
うんッ
家に帰る__