無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

本編
あなた
あなた
!!、、、フフッそうだね





ガヤガヤ
五条悟
五条悟
それでさー僕が
あなた
あなた
.........
五条悟
五条悟
あなた?
あなた
あなた
ハッ)ごめん!なんの話だっけ?
五条悟
五条悟
なんかさっきからボーッとしてるよ?大丈夫??
あなた
あなた
う、うん!大丈夫!
五条悟
五条悟
そう?
五条悟
五条悟
お、見てこれ韓国のお菓子だって
あなた
あなた
!ほんとだ!美味しそう!
五条悟
五条悟
買っていこうか
あなた
あなた
そうだね
会計が終わり(五条の💸)
あなた
あなた
ボー
五条悟
五条悟
今日楽しかった?
あなた
あなた
うん
五条悟
五条悟
本当に?
あなた
あなた
うん
五条悟
五条悟
また来たい?
あなた
あなた
うん
五条悟
五条悟
じゃあ
あなた
あなた
うん
五条悟
五条悟
僕のこと好き?
あなた
あなた
うん
五条悟
五条悟
えー?ほんとー?
あなた
あなた
うん
五条悟
五条悟
じゃあこうしても怒られないよね
グイッ
あなた
あなた
!!
五条がキスしようとした
あなた
あなた
ちょ!悟!なにやってんの!
五条悟
五条悟
あ、やっと気取り戻した
あなた
あなた
え?
五条悟
五条悟
ずっとぼーっとしてて僕のこと好き?って聞いたらうんって
あなた
あなた
え!?そんなこと言ってたの!?
五条悟
五条悟
うん♪
あなた
あなた
.........
五条悟
五条悟
あなたなんで元気ないの?
あなた
あなた
、、、悟
五条悟
五条悟
ん?
あなた
あなた
これから言うこと全部聞いてくれる?
五条悟
五条悟
もちろん
あなた
あなた
じゃあ私の事全部話すよ 












私は昔から"いらない"存在だった





小学校ではいじめられていたがまだそれは耐えられた






それをまだマシに思えたのは学校以上に家の方が辛かったからだ
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -


ガチャ
あなた
あなた
ただいま帰りました
お父さん
お父さん
、、、
妹
あ〜!おねぇ様
お母さん
お母さん
おかえりなさい
私の家は先祖代々伝わる良い武士の家系らしく言葉遣いもしっかりしなければならない






そのため家がお城のように広く召使いも100人程いる





100人いても半分以上は私のことを嫌っている




何故なら私が"出来損"ないだから