無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

おはよう
晴れの日でいい天気だなぁ



今日もあの人に会えるかな...
???
あなたちゃんおはよう
あなた

おはようございます!!

あっ!!


また今日も同じ時間!


毎日ここで挨拶する吉野さん。


この人が私の好きな人です。
吉野さん
今日も元気だね笑
だってそりゃあ


好きな人にはいいように見てもらわないと


まずまず恋愛対象に入ってるかも分からないし!!
あなた

はいっ!!

あぁ、また今日もイケメン。


ほんとにこんな完璧な人好きになっていいのかって言いたいくらい
吉野さん
毎日学校大変だよね
あなた

いやいや、吉野さんだって大学生じゃないですか!

吉野さん
そうだけど、高校よりも全然ゆるいよ??
大学ってそんなにゆるいものなのかなぁ...?


私も吉野さんと同じ大学に入れるよう日々勉強がんばらならきゃ!!ってなるほどなんですけど


だって、吉野さんほんと頭良すぎなんですもん。


高一から勉強しなきゃもうすっごーくきついです。
あなた

いやいや、吉野さんが頭いいからじゃないですか

吉野さん
そんなことないよ
あなた

羨ましいです


本当に羨ましい。


逆になんで宮崎に留まってるのか分からないくらい


東京とかになんてもっと良い大学沢山あるのに


『星が綺麗だからかな』としか理由は言ってくれない


吉野さんらしいけど...


なんでだろう。こういう所はほんと不思議な人。


でも、逆に吉野さんといられる時間が長くなるから、私にとっては嬉しいことでもあります!!
吉野さん
あなたちゃんだって相当頭いいよ?
あなた

まだまだです


吉野さんの学校に行けるまで必死に頑張ります。


だから逆に吉野さんのおかげで成績が上がってるんですよ??
吉野さん
あれ?もう時間じゃない?
あなた

あ!!すみません!!行ってきます!!

吉野さん
行ってらっしゃーい

優しい声で行ってらっしゃいと見送ってくれる吉野さん


そのいってらっしゃいで一日中元気でいられますよ、


本当に今日も好きが増すじゃないですか...


お隣さんに恋って大変だなぁ