無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

あ ら す じ

好きで大好きなのに.....






この関係を壊したくなくて、何も言えない





告白だって何回もしようとした。



だけど無理だったんだよ。







もし私が貴方に告白しても



”なんとも思われないんだ”。






私だけが好きな一方通行の



壊れそうで壊れない恋。










だって私とあなたは血が繋がっていない”他人”といえる、”お隣さん”なだけだから。