無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

驚き
てひょん
てひょん
ねぇ。 じみん
じみん
じみん
ん?
てひょん
てひょん
前世ってあると思う?
じみん
じみん
あるんじゃない?
てひょん
てひょん
そっか。
じみん
じみん
なんで、?
てひょん
てひょん
いや、なんも。
びっくりした。

てひょんにバレたのかと思った。

俺にも前世の記憶がある

もちろん

てひょんと〇〇が隠れて付き合ってた事も。

神様は意地悪だ。

今世で、親友として出会わせるなんて、

俺は前世から〇〇が好きだった

国中の人達に俺が言ったんだ。

「付き合ってるんだ」って

それであいつらは別れたんだ。

なのに、ね。