無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

記憶
僕には前世の記憶がある

僕が前世で愛していたのは国の姫君だった

僕と君とでは身分の差がすごかった

恋なんてしてたら、殺される

僕達は身分の差 という厚い壁のせいで

別れた。

「来世でも、一緒にいようね。」って

君は言ってくれた








てひょん
てひょん
会いたいよ. 〇〇