無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
215
2018/07/21

第1話

プロローグ

『優花ちゃん!こっちだよ!』


誰かが私の名前を呼んだ。


『あっ、___くん ちょっと待ってよ!』


私はその声を追いかけようと走り出す。



でも、

その声はいつの間にか近くにあって、



『ごめんね、優花ちゃん』


『はい!じゃあ僕の手握ってて?
これで僕達はずっと一緒だよ!』



『うん!!ずっと一緒!!』


2人の笑い声が聞こえる。





でも、


その声が一体誰なのか私には分からなかった。