無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話「さらば、前の制服」
それから、由良は 理夢と吉岡にお説教をした。
市川由良
子供じゃないんですから!ちゃんとして下さい!吉岡先輩
理夢も、何で 吉岡先輩を追いかけるんだ?
吉岡 
う〜、スイマセン(ショボン
市川理夢
だって(しゅん
市川由良
はぁー、まぁ 元気なのは 良いけど、周りの事を考えて下さい。
吉岡 
はい。(ショボン
市川理夢
ぅ…はい。(しゅん
市川由良
よし!お説教終わりです。もう、暗いから、帰りましょうか
吉岡 
天音先輩 所 行こうよ!ね?市川君(ニヤ
市川理夢
っ!天音さん無事か、会いたい!ね?お兄ちゃん
市川由良
っ!………しょうがないなぁ
(吉岡先輩楽しんでるような…)
それから、三人は 天音が居る校長室に 向かった。


































吉岡 
へぇ〜、ここが 校長室?
市川理夢
そうだよ
いつの間にか、吉岡と理夢は 仲良くなってた。
市川由良
…ノックをしてかra
バンッ!ドアをいきよいよく開けたのは
吉岡 
お邪魔しま〜す!!
吉岡だった。
市川理夢
ちょ!!吉岡先輩?!
市川由良
なっ!?
朱鈴 天音(しゅり あまね)
っ?!聖子ちゃん?!
朱鈴 美奈子
っ!(ガシャン(ガラス細工が砕けた音
朱鈴 太郎
あ〜!!!静かに…っ!(キッ(ドアの方を睨もうとした。
太郎は、ある人を見て 睨むのは 辞めてしまった。
吉岡 
あっ…
市川理夢
(吉岡先輩…知りませんからね💧)
市川由良

(駄目だこりゃ)
朱鈴 天音(しゅり あまね)
あ〜、太郎のが…
朱鈴 太郎
(なんで、あの人が!?)
朱鈴 美奈子
…太郎 あと少しだったんだが…もう、直せないくらい
バラバラだ…ごめんね。
ガラス細工が、無残な姿になってた。

吉岡 
………………お…お邪魔しましたぁ〜(キィ〜(ドアを閉めようとしてた
吉岡は、閉めようとしてたドアをとめられた…
朱鈴 太郎
待ってよ!(ガッ(止めた人
吉岡 
おぅ…!離せ!若僧!(ギィ(全力で閉めようとしてる
朱鈴 太郎
嫌々!アンタにようがあるんだ!(グイ〜(吉岡の制服も引っ張り始めた
吉岡 
っ?!巫山戯んな!弁償は出来へんで!私 貧乏スッよ?!無一文だよ?!(泣)
朱鈴 太郎
そんな事は、しないよ!恩人に!(グイグイ
吉岡 
ハッ!そうやって、金を巻き上げるんでしょ!?その手には、引っかからないですよ!!
(ギィギィ
朱鈴 太郎
お願いだから、閉めようとしないで!(グイッ!
吉岡 
ッ!?ぎゃあ!制服が、破ける〜!!(ビリっ
朱鈴 太郎
えっ!?(ビリビリー!
吉岡 
っ〜!!あ"〜(ヘナヘナ
吉岡は、その場に 座り込んだ。

吉岡の制服は、見るも無残に 肩のつけねが破けて左肩の腕がみえてた
朱鈴 太郎
あ💦💦
吉岡 
っ………私は、もう気力が 出ないッス(ショボン
朱鈴 天音(しゅり あまね)
聖子ちゃん!大丈夫?💦
天音は、吉岡に駆け寄るが 無反応だった
市川理夢
…しょうがないよ吉岡先輩(ポンポン(吉岡の肩をたたく音
市川由良
逃げようとしたからだよ
朱鈴 太郎
ごめんなさい!💦
朱鈴 天音(しゅり あまね)
聖子ちゃん?💦
朱鈴 美奈子
あらあら、ガッツリ破けてるわね〜
吉岡 
っ?!そ…その声は!コロッケパンのおばちゃん!!(すくっ(立ち上がった
朱鈴 美奈子
あら〜?よっちゃんじゃない!いつも、コロッケパン買ってくれてありがとよ
吉岡 
いえいえ!もう、私の食べ物ランキングでは、1位ですから!
朝ご飯は、コロッケパンって決まってますから!(ふんす←鼻息ヤバイw
朱鈴 美奈子
よっちゃん良かったら、制服あげようか?
孫が、破ってしまった物は 弁償しないとだしね
吉岡 
本当ですか!?!?やったーー!神様です。あなた様は、神です!
朱鈴 美奈子
もう、そんなに褒めても 何も出ないわよ〜
吉岡 
おばちゃん大好きだよ!(ハグ(吉岡はおばちゃんをハグしてる
朱鈴 美奈子
嬉しいねぇ
それから、吉岡は 着替え
吉岡 
どうよ?似合うだろ?w
吉岡は、皆の前に、出て
市川理夢
え?嘘!!
(似合い過ぎて男子かと思った〜!!)
朱鈴 天音(しゅり あまね)
聖子ちゃん?!
朱鈴 太郎
え…
(僕より、男らしいんだけど…負けた)
市川由良
っ!?
(嘘だ!本当に吉岡先輩かよ?)
吉岡は ポニーテールで、男子の制服だった。皆 美奈子以外、呆気にとられてた。
朱鈴 美奈子
あれ?男子の制服すかなかったのかしら?
吉岡 
あ…いえ、男子の制服が着てみたかったんです!
スカートだとやりずらいんですよね〜ほら、私って女男みたいな感じだからw
朱鈴 天音(しゅり あまね)
そんな事ないと思うけどね
吉岡 
あ!そろそろ、半額セールが始まる!と言う事で、バイビ〜👋
吉岡は、走り去った。
朱鈴 太郎
あ…
(クソ!まだ、話したい事が合ったのに…)
朱鈴 天音(しゅり あまね)
……?
(太郎どうしたんだろ?何か合ったのかな?)
市川由良
嵐の様な人だなw
市川理夢
うん…
(吉岡先輩…一人で大丈夫かな?片腕さんとかに会わなければいいけど、、、)
朱鈴 美奈子
天音と太郎そろそろ、帰らないと学校が閉まるよ
朱鈴 天音(しゅり あまね)
そうだった!皆帰ろ
朱鈴 太郎
僕は、用事があるから…お先に!
太郎は、校長室から走り去った。
朱鈴 天音(しゅり あまね)
太郎、、、
市川理夢
天音さん?
朱鈴 天音(しゅり あまね)
あの子、まだ未成年で夜に外出してたら補導されるんじゃ💧
天音は、太郎を心配してた















続く!



_________________________________________








  看板    ❴作者の部屋であ〜る。❵
市川由良
ちょっと、待って❴作者の部屋であ〜る❵って何?💧
吉岡 
ワトソン君そこにツッコんだら、負けだよ(どや(ドヤ顔
作者
作者
そうだそうだ!
市川由良
(この人ら、駄目だわ💧)
作者
作者
あ!今「この人ら駄目だわ」って思っただろ?失礼な!
吉岡 
そうだよー、ワトソン君(棒読み
市川由良
吉岡先輩…棒読みですよ
それに!思ってる事覗かないでくださいよ!
作者
作者
はぁ…由良君は いつまでたってもワトソン君なんだよ
吉岡 
ホームズになれないゾ…!ワトソン君ッ…!
市川由良
嫌々!ワトソンでも、ホームズでも無いから!なりたいなんて一言も言ってないし!
作者
作者
あれ?そうだったけ?吉岡君
吉岡 
ワタシナンノコトカワカラナイネ👀
市川由良
カタカナになってる…
作者
作者
ワタシモワカラナイアルネ!
市川由良
何か、方向性が可笑しいよ?!
吉岡 
お前うるさいアルネ
作者
作者
私もそう思ったネ!
市川由良
ねぇ、それ語尾?語尾なの?!
二人
だからうるさい アルネ!!(ドン!(作者と吉岡は由良を投げ飛ばした。
        ネ!!
市川由良
っ?!(ドサ(落ちた
(酷い…俺何かしたかな?(泣))
作者
作者
もう、飽きたわ
吉岡 
右に同じく
作者
作者
そうだ、本題はこんな茶番ではなく(¯―¯٥)
吉岡 
そうだよ〜駄目だよ?遊んじゃ
作者
作者
エヘ★
それでね、作者=私は、投稿が遅くなります。そろそろ、色々準備が有るんですよ
学校の用事とその他もろもろ、だから投稿を亀さん🐢スピードになります…!
ごめんなさい!
吉岡 
ほら、市川君立って(グイ
市川由良
ゔ…背中が痛い…(サスサス(撫でてる
作者
作者
痛いの痛いの飛んでけ〜(サスサス!!(擦ってる
市川由良
あづ!熱い熱い!!燃える燃える!(アセアセ
吉岡 
え?萌える?………………(引く
市川由良
吉岡先輩?!?!何故引いてるんですか!助けて下さいよ!
吉岡 
あ…いやー、ワタシヨウジオモイダシタヨごゆっくり(さささ(逃げ
作者
作者
飛んだ?(サスサス!!
市川由良
摩擦熱あちー!!飛んだ痛いの飛んだよ!!!
作者
作者
良かった良かった(ピタッ
市川由良
くぅ…吉岡先輩逃げやがって
作者
作者
あ…あの子が居ないよ?何処行ったのかな?
吉岡 
ぎゃーー!!(タッタッタッ🏃
市川由良
吉岡先輩??
市川理夢
待てー💢(タッタッタッ🏃
作者
作者
お?
市川理夢
私の顔に落書きしやがって!許さん!(タッタッタッ🏃
吉岡 
市川君!(サッ(後ろに隠れた
市川由良
ニヤ)頑張って先輩!(スッ(どいた
吉岡 
?!こんちくしょう!(タッタッタッ🏃
理夢と吉岡は、去って行った
作者
作者
え〜と、バイバイ?👋
市川由良
また、会いましょう皆さん(ニコ