無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話「図書館で…」
市川理夢
はぁ…いつもは、お兄ちゃんと一緒に登校なのにぃ
しかも、後ろから横までの首に手形かぁ後ろ髪で隠ればいいけど
朝日を浴びながらブツブツ言う私 トボトボ🚶歩く



そんな時



吉岡 
えーと、ここを真っ直ぐ行って…回転してジャンプする…ッ!(ぴょん!
市川理夢
…!うわっ!?びっくりしたぁ〜!
吉岡 
あ、(*´σー`)エヘヘごめんね。
スマホゲームに夢中でつい身体がゲームとリンクしちゃってw
市川理夢
あ、ハイ。大丈夫です(・_・;)
吉岡 
まさか、こんな時間から 同じ学校の人に会うとは…運命感じるねっ!w運命は、嘘やけどね
市川理夢
え?同じ学校の人?制服が違いますが…
吉岡 
ん?あ〜、これ?前の学校の制服だよ 紛らわしくてゴメンネ
どうせ、あと1年も無いし買わなくて良いかなってマネーが勿体無いし!
市川理夢
あっ!もしかして 貴女が転校生の人ですか?!
吉岡 
yes!仲良くしてね!挨拶の握手を(ガシッ ブンブン
市川理夢
あっ、ちょっ!激しいです!
吉岡 
ん?あ!ゴメンネ!つい、嬉しくて (パッ
市川理夢
はぁ…
吉岡 
あっ!そろそろ、行かなくては…っ!朝飯が コロッケパン出来たてホヤホヤの開店時間が!
と言う訳で、バイバイ👋(ダダダ🏃
市川理夢
はぁ…( ´,_ゝ`)プッ日本語 可笑しいw
面白い人だったな また、会えると良いな
学校まで、歩く事20分
市川理夢
自転車で行きたい…
学校の門の外でうろうろしてるさっきの 変な転校生が居た。


吉岡 
おぉう、(モグモグ
市川理夢
あっ
(コロッケパンを頬ばってる)
吉岡 
ん?(モグモグ
市川理夢
あっ、どうしたの?
吉岡 
んむむ〜(モグモグ
市川理夢
ん〜、何言ってるのかわからないよ
吉岡 
んー!💡(ポムっ
市川理夢
(どうやら、わかったらしい?)
吉岡 
(プハッ)( ´ー`)フゥー...ゴメンネ 食べる事に気が付かなくて
市川理夢
えっ
吉岡 
ん?
市川理夢
何でもないよ(^_^;)
吉岡 
そう?
市川理夢
で、ここで 何してるの?
吉岡 
あ〜、あそこに 居る 澤田先生に、食べながら登校しちゃ駄目だって事で
学校の外で食べてた!
澤田先生
おい!早くしろ!
市川理夢
うわ〜、うるさい先生に 目を付けられたね
吉岡 
そうなの?!
澤田先生
(イライラ💢
吉岡 
うわぁお…そうみたい
市川理夢
ほら!早く食べて!
吉岡 
あいさー!(モグモグモグモグモグモグ
5分
吉岡 
プハー、さすが、デカ盛りコロッケパン!お値段も安い150円!
市川理夢
それは、良いから早く行こ!(グイッ
澤田先生
次から、食べながら登校はいかんからな!
吉岡 
は〜い(^^ゞ
私は、転校生を引っ張りながら 学校の下駄箱まで来た
市川理夢
はぁ…で、何年生?
吉岡 
えーと(゜゜)三年生です!
市川理夢
(゚Д゚)ハァ?嘘でしょ てっきり 後輩かと…
吉岡 
ノンノン(・ิω・ิ)私 サンネンデシュヨ?w
市川理夢
…何かムカついてきたわ
吉岡 
おう!反抗期デシュか!?
市川理夢
絶対何かの間違いでしょ!嘘だと言って!
吉岡 
ん〜、悩んだら白髪増えるよ?
市川理夢
アンタのせいでしょ!
吉岡 
おおう!私に責任転嫁ですか?
市川理夢
もう、嫌だこの人(;´Д`)
桐谷幸助
おはよう 市川さんと吉岡先輩ですよね?
市川理夢
おはよー…よしおか先輩?
吉岡 
私の苗字ですね〜貴方は誰でしたっけ?
桐谷幸助
桐谷幸助です 一度、学校の中を案内した…
吉岡 
おおー!思い出した!あん時、私が振り回した人だぁ
市川理夢
ゲッ…それは、キツい
桐谷幸助
えぇ、でも あの時は、大人しい人だった様な?
こんなに、明るい人だったんですね
吉岡 
…そう?たまにしかテンション上がらんからね
実際の私は、面白くない人だよ?
あっ、そろそろ行かないと!またねー!
市川理夢
…あっ!外靴だよ!吉岡先輩!
桐谷幸助
あっ、本当だ
吉岡 
ぎゃ!ヤバっ!行く前で良かった〜
ありがと!えーと(゜o゜;
市川理夢
市川理夢だよ
吉岡 
そうなんだ!私の名前は…吉岡聖子だよ!
ヨロシクね!理夢ちゃん!
吉岡先輩は、靴を脱いで上靴に履き替えた赤の上靴だった そのまま何処かに行ってしまった。

私も、履き替え赤の上靴に履き桐谷君と教室まで、いった





ちょうど、6時ぐらいだった



市川理夢
ふぅー、暇だぁ。美香や奈由まだかな?
お兄ちゃんも…
桐谷幸助
…(ペラ
桐谷君は、本を読んでた。

私も、読もうかなと思ったが本が無かった



市川理夢
ふぁ〜眠っ…寝よ(-_-)zzz
机で寝てしまった私







片腕さん?
殺してやる!お前ら全員!
片腕の女の子は、叫んでた。















桐谷幸助
お…!おい!起きろ…!
吉岡 
甘いですよ!桐谷君こういう時は、(ギィーー(爪を立て黒板に引っ掻く音
市川理夢
あーー!五月蝿いって!
桐谷幸助
うぅー!吉岡先輩もう!良いですよ…っ!
吉岡 
んー!何だって?(ギィーー!
桐谷幸助
五月蝿いです!(ガシッ
吉岡 
うわっ!もう、急に手首掴まないでよ〜 
市川理夢
(´Д`)ハァ…起こしてくれてありがと でも、さっきのは、頭が痛いんですけど
吉岡 
あら、何も聞こえへん?あっ耳栓してたわ(スポッ
桐谷幸助
!一人だけ…ズルい(パッ
市川理夢
…鼓膜が破れるかと思った。
吉岡 
あー、ゴメンネ二人共!💦
市川理夢
で、何で 三年生の先輩がここに居るんですか?
吉岡 
え?お散歩してたら、桐谷君が叫んでたから 来てみたら 理夢ちゃんうなされてたから
起こそうと思いまして…💦
桐谷幸助
この人 半分 楽しんでたよ
市川さんを…プッ(⌒,_ゝ⌒)もう駄目!その顔反則です!
吉岡 
あ〜、この子なにを言ってんでしょうか?( ・ิϖ・ิ)
市川理夢
鏡何処!?
桐谷幸助
そこに…(ブルッ
私は、すぐに鏡を見たそしたら…
市川理夢
なんじゃーこれ!!
おでこに肉と大きく書かれてた。
市川理夢
吉岡先輩?😊こんな事をするのは、貴女ぐらいでしょうねぇ?
吉岡 
アハハ…理夢ちゃん顔怖いよ?いったん落ち着こ?ね?話せばわかるよ!だから…💦
市川理夢
問答無用!おりゃー!(ダダダ🏃💢
吉岡 
ギャー(ダダダ🏃💦
桐谷幸助
朝から、元気だなぁ
それから、吉岡先輩は 捕まえられず逃げられた。

私は、女子トイレの手洗い所で一生懸命顔を洗ってた。


市川理夢
吉岡先輩めー!曲がり角を上手に使いやがって それに、逃げ足は早いしっ!
バシャバシャと水を乱暴に顔にかけた。
市川理夢
次会ったら、捕まえてやるッ!
ドスドス🚶

私は、教室に向かった
顔の汚れも綺麗に落ちたし 







ガチャ ギィ トイレから
吉岡 
…こわっ!手鏡で見てたけど アレは、親の仇を見る目だ…どしよ
{説明・ 手鏡で上から覗いてた 洋式トイレの蓋を閉め上に乗り手鏡でみてた}
吉岡 
それに、あの後ろから横まで首の湿布…茶色だったからわかりづらかったし髪でカモフラージュされてたから 見えにくかったけど どうしたんだろ?
そして、昼休み






市川理夢
何か疲れたぁー
前田美香
どうしたんですか?
理夢ちゃんらしくないですね
浜田奈由
そうだね〜
市川理夢
ん〜、物凄く悪い先輩が居てさぁ
前田美香
どんな人ですか?
市川理夢
黒髪ロングで癖っ毛でブラウンの瞳で 兎に角 根性が曲がった奴!
浜田奈由
ほえー、理夢がそこまで言うなんて 
前田美香
珍しいね
前田美香
いつもは、薫君の事いうのにねぇ
市川理夢
アイツ?アイツは、ゲームの時 せこい事するからね
佐々木 薫
誰がせこいって?
市川理夢
うわー
浜田奈由
薫だあー、珍しいね
一緒に、ごはん食べるの?
佐々木 薫
いいや…屋上で食べるからいい で、その先輩って男?
(女ばっかは、面倒だ 次こそ 男子の友を)
市川理夢
え?まぁ、男みたいな根性は してそうねw
佐々木 薫
ほぉぅ、そうか名前は?
(どんな、名前だろ)
市川理夢
吉岡先輩だけど どうしたの?
佐々木 薫
いいや、何でもないよ…
(男友達かぁしかも、先輩!…絶対仲良くなろ✨)
薫は、何処かに行った 多分 屋上だと思う。


それに、勘違いしてる?
前田美香
ねぇ、薫君って 理夢ちゃんの事す(ムグッ(口を塞がれた
浜田奈由
もう、美香口に何かついてるわ!
しー!理夢には、言わないの〜面白そうだから(コソッ
市川理夢
また、何か企んでるでしょ!どうせ、薫は、私の事好きとか そんなんじゃないからね!アイツは、男友達が増えるかうざいくらい聞いてくるんよ
前田美香
(パッ)それって、やっぱり…きゃー!そうなのねぇ(・∀・)ニヤニヤ
浜田奈由
まぁ、わかってたけど薫ってゲームの話をしたり対戦する友達がほしいんでしょう?
そんな友達って、理夢ぐらいだもんwだから、ゲーム友欲しいんでしょうね?
市川理夢
そうなの…面倒くさいよ 先輩の次に…
カタッ一番前の席のお兄ちゃんが立ち上がり教室から出ってた。



市川理夢
ごめん!トイレ行ってくるね!(タッタッタッ🏃
(気になる 付いていこうかな)
前田美香
え!?じゃあ、私も
浜田奈由
美香駄目よ兄妹愛を邪魔しちゃw(グイッ
前田美香
ええ!?
聞こえたが気に留めず教室を出ってた私




廊下で、お兄ちゃんの後ろをついていく…と


市川理夢
あー!吉岡先輩?!(コソッ
市川由良
あの〜、吉岡先輩ですか?
吉岡 
ん?何?
市川由良
その、、、【図書館で待つ】(タッタッタッ🏃
吉岡 
え?図書館、あ〜!
市川理夢
うわうわ〜、まさか、告白?!駄目だよお兄ちゃん!吉岡先輩は、苦労するよ!
よく見てよ!あの贅肉を…!
吉岡 
…理夢ちゃん?何をしてるのかなぁ?💢
しかも、ぜーんぶ聞こえてますが?
市川理夢
うぎゃ!?バレてた!
吉岡 
まぁ、今は そんなのどうでも良いんです!図書館って何処でしたか?
市川理夢
…お兄ちゃんは、渡さないから…ッ!(タッタッタッ🏃
吉岡 
え…何言ってんの?図書委員の仕事、教えてもらうのに まぁ、勘違いは災の元!追いかけますか!
(タッタッタッ🏃
私は、図書館から近い保健室ドア前まで、逃げたが


吉岡 
(´Д`)ハァ…捕まえたぁやっとだよぉ!
市川理夢
はぁ…はぁ…捕まった〜
朱鈴 天音(しゅり あまね)
あれ?聖子ちゃん!何してるの?追いかっけこ?
吉岡 
天音先輩〜!どうして、ここに?💦
市川理夢
あっ…昨日の夜の人
朱鈴 天音(しゅり あまね)
ん?あー!あの時の高校生だ(゜o゜;
吉岡 
えっ、もしかして 天音先輩が言ってた高校生って理夢ちゃん?!
市川理夢
あの時、スイマセンでした!m(_ _;)m
朱鈴 天音(しゅり あまね)
良いよぉ!顔上げて、困るから💦
市川理夢
ハイ…
吉岡 
天音先輩 昨日は、何も言いませんでしたよね?来るとは一言も聞いてませんよ!
朱鈴 天音(しゅり あまね)
えへへ、びっくりさせようと思ってたけど 迷子になっちゃって 恥ずかしいなぁ(¯―¯٥)
市川理夢
その…
吉岡 
ん?あ!ごめんよ この人は、前の学校の先輩で卒業した人なんだぁ!
朱鈴 天音(しゅり あまね)
私の名前は、天音だよ〜 ヨロシクね?えーと
市川理夢
市川理夢です
朱鈴 天音(しゅり あまね)
理夢ちゃんかぁ!可愛い名前ね(^^)
市川理夢
優しい人…吉岡先輩と違って
吉岡 
…黙秘します!裁判官!
朱鈴 天音(しゅり あまね)
う〜ん、可笑しいよ聖子ちゃんw
吉岡 
(*´σー`)エヘヘ褒められた
市川理夢
…何この漫才みたいなの
吉岡 
今日は、天音先輩に会えて嬉しい!
朱鈴 天音(しゅり あまね)
私もだよ〜
市川理夢
……
吉岡 
ん?どしたの?
理夢は、勝手にスタスタ🚶と進んでゆく  
朱鈴 天音(しゅり あまね)
え?理夢ちゃん?大丈夫?
吉岡と天音は、理夢についていくと



そこは、図書館だった。



ドアを開けた瞬間ふわ〜と錆びた鉄の匂いがした。


余りの匂いに吉岡と天音は、鼻をつまんだ。


吉岡 
何これ!?…
朱鈴 天音(しゅり あまね)
嘘…
市川理夢
理夢は、誘われるまま フラフラと歩いていた。



天音は震えてた。が理夢の左腕を掴んだ
朱鈴 天音(しゅり あまね)
ねぇ!理夢ちゃん!しっかりして!!そっちに行ったら駄目…!
市川理夢
片腕さん?
こっちに来て?
片腕が無い女の子が現れた。
吉岡 
…何あれ 
市川理夢
うん…今行く。
理夢の歩く力がつよくなった。



朱鈴 天音(しゅり あまね)
聖子ちゃんっ!手伝って!!
吉岡 
え?あ、はい!!(ガシッ
吉岡は、理夢の右腕に掴んだ。そして、引っ張る


片腕さん?
貴女達も来たいの?良いよ!ここに来ても!キャキャ