無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話「理夢ちゃん顔が…怖いよ?」
市川由良
吉岡先輩と理夢!何処に居ったんですか?!
先生達が、怒ってましたよ!
午後の授業ほったからしにして… 今、放課後ですよ
それに、天音さんも 案内中 何処かに行っちゃて探しましたよ💦
図書館で、吉岡と天音と理夢が居る所に 由良が走って来た。
朱鈴 天音(しゅり あまね)
あっ、ごめんね つい、聖子ちゃんを驚かしたくて…はぐれてしまって
吉岡 
あら?昼休みの男子だ 
市川理夢
(-_-)zzz
理夢は、寝てた 図書館の長椅子で 天音の膝枕されて

吉岡は、天音の隣にあぐらをかいて座ってた。
吉岡 
ん?待って 放課後?!嘘…30分ぐらいだと思ってたんだけど…時間が
、進み過ぎなような?
朱鈴 天音(しゅり あまね)
もう、時計が 5時なんだけど!?どゆ事?
天音は、図書館の掛けてある時計を見た


吉岡 
ねぇ!理夢ちゃんの腕時計を見たら、一時なんだけど…コレって 
片腕少女の仕業…?
吉岡は、理夢の腕時計⌚の左腕を掴んでた。
朱鈴 天音(しゅり あまね)
…多分、あっちとこっちの時間が違うんだよ
あっちだと時間が遅く感じ こっちは、早くなる時間が

吉岡 
…もし、一歩間違えれば…呑み込まれてたかも、しれないんですね。
朱鈴 天音(しゅり あまね)
…そうだね。
市川由良
あの?
朱鈴 天音(しゅり あまね)
なに?
市川由良
理夢は、どうしたんですか?
吉岡 
寝てるだけだよ
朱鈴 天音(しゅり あまね)
ちょっとね(苦笑い
市川由良
妹の側に、居てくださって ありがとうございます!(ニコ
膝枕も。
朱鈴 天音(しゅり あまね)
いいえ。(かぁ
吉岡 
(おや?(・ิω・ิ))
市川理夢
(-_-)zzz
市川由良
後、学園長が 呼んでましたよ 天音さん
朱鈴 天音(しゅり あまね)
え?あー!そうだった おばあちゃんに
印鑑持っていってあげないとぉ💦
吉岡 
おばあちゃん?
朱鈴 天音(しゅり あまね)
そう、おばあちゃん 家の引き出しに、印鑑入れっぱなしで
朱鈴 学園(しゅり がくえん)に行っちゃて 電話で、見学ついでに 持ってきてって
言われてたんだよ
吉岡 
あ〜、あの優しいおばあちゃんですか!
いつも、おはぎ ご馳走してくれる
朱鈴 天音(しゅり あまね)
え?…それは、父方のおばあちゃんだよ?母方のおばあちゃんの方よ
吉岡 
あ!コロッケパン販売してくれる
おばさんですよね?!
朱鈴 天音(しゅり あまね)
え?違う人だと、思うよ?(苦笑い
吉岡 
う〜ん?コロッケパン販売してくれる
人だったと思うんだけどなぁ?
違ったかな
朱鈴 天音(しゅり あまね)
一緒に、来れば思い出すと思うよ
後で、行こうね聖子ちゃん
吉岡 
はい
市川由良
妹は、自分が 連れて帰るので
えーと(゜o゜;
吉岡 
そういえば、理夢ちゃんのお兄ちゃんだったんですね!
私と天音先輩は、校長室が分からないので 天音先輩と市川君と
一緒に行ったらどうですか?
私は、理夢ちゃんとここで 待ってますんで
市川由良
え、でも
吉岡 
後!私 図書委員だし図書委員の仕事教えてもらわないとねw
市川君は、その為に 私を呼んだんでしょう?
市川由良
あ…そうだった じゃあ、ここは、宜しくお願いします
朱鈴 天音(しゅり あまね)
え?ちょ!皆で、行動しようよ!ね?
吉岡 
先輩〜、早く学園長の所に!ほら!市川君、案内してあげて
吉岡は、天音と由良を図書館から、追い出した。


市川理夢
(-_-)zzz
図書館で、残ったのは 吉岡と理夢だった。

吉岡 
ふんふん〜♪天音先輩と市川君達に進展が
あると良いなぁ
市川理夢
(-_-)zzz
黒猫
ニャア
吉岡 
ん?
吉岡と理夢の所の近くの窓が開いていて そこから 黒猫が、図書館に 入ってきた
黒猫
ニャー
吉岡 
黒猫
…?
吉岡 
黒猫さん猫の真似は、しなくていいよ
私知ってるから…それと、理夢ちゃん守るならちゃんと守ってよ
黒猫
ッ?!
吉岡 
私ね、昨日の夜の公園見てたからさ全部
それに、理夢ちゃんのあの恐怖に歪んだ顔…何にも
無いブランコで、立ち尽くしてたし動いたと思ったら
何処かに走って行ったからね
幻覚か何か?みせたの?たちが悪いよ
あと、黒猫さんともう一人の女の子の会話
聞こえてたから 
黒猫
吉岡とか言ったな、気配が
感じなかったが…あん時
それと、理夢と公園のは、確かに 幻覚だが…催眠術だ
ブランコのは、催眠誘導してたんだろう。
それにしても、何故お前は 催眠術に 掛からなかったんだ?
吉岡 
え?何でだろうね〜あっ!眼鏡だよ私ね眼鏡かけたくて
度が強いのをしてたんだよ途中で目が痛くなって外したけどね
…あと、私ね公園のトイレに 居たからねw
最初に、公園に来たのは 私よ?
その後に、君たちが来たんでしょ
黒猫
眼鏡と…トイレ💧
吉岡 
うん…最近、行方不明者が 多いから
気になってね
黒猫
行方不明者…
吉岡 
そう、行方不明者知ってるんでしょう?
一人だけ、、、私の友達が居るはずなの
さがさないと…
黒猫
…諦めろ、もう この世には 居ない。
戻らないよ
吉岡 
…一目で良いの渡したい物があるのよ
黒猫
渡したい物?
吉岡 
あなたには、言えないよ
とてもとても、大事な物だから
黒猫
お前、人間か…?
吉岡 
フッ…生身の身体なんだけどw
吉岡は、手首を黒猫に向けた。
黒猫
っ?!何だ?
吉岡 
脈はかってよ 生きてる証拠だから!ね?
それとも、猫の手じゃ測れない?
黒猫
…(ポフン
黒猫は、吉岡の右手首を測ってる 

(トクントクン(脈の音
吉岡 
…どう?生きてるよ( ・´ー・`)どや
黒猫
疑って悪かった…(ソッ
黒猫は、吉岡から 離れた。
黒猫
もう、余り人では ない者に関わるな 死ぬぞ?
古郷に帰れ お前の命が、大事なら 今すぐ 立ち去れ
忠告だ。
吉岡 
ありがと 心配してくれて でも、譲れないんだよ
友達の…ね
黒猫
早死するぞ?あと、お前の先輩とかも
一緒に、立ち去れ
吉岡 
天音先輩は、大丈夫
あの人は、弱いけど 強いから(ニコ
黒猫
はぁ…弱いのか強いのか曖昧だな
吉岡 
私は、理夢ちゃんを救いたい
死んで欲しくないからね
黒猫
そうか、なら 鈴なき村に 行くと良い
吉岡 
え?
黒猫
答えが、わかる筈だよ
だが、後悔しても知らんからな
吉岡 
…行くよ
黒猫
そうか、死なんようにな 頑張れ(ニコ
吉岡 
(猫が、笑った。)
黒猫は、もと来た窓に飛び込み帰って行った

きっと、近くで見張ってると思った吉岡だった。
市川理夢
ん〜?(*´﹃`*)吉岡先輩?
私は、目を擦りながら吉岡先輩の膝枕されてる事に気が付き飛び起き上がり

ゴツッンと私のおでこと吉岡先輩の顎が当たり二人共痛さに悶えてた。
吉岡 
くぅ〜!痛い!顎がぁぁ
市川理夢
いってて…ごめんなさい!
私は、長椅子から 立ち上がり 吉岡先輩に 近づく
吉岡 
理夢ちゃん元気で何よりだよ
顎が、痛いけど…許そうw
私は、もう一人の天音さんを思い出しキョロキョロ図書館のまわりを探すが

みつからず
吉岡 
ん?どうしたの?理夢ちゃん
市川理夢
天音さんは!無事ですか?!
私は、吉岡先輩にズイズイと近づく
吉岡 
ちょっ!近い近い…天音先輩は、無事だよ!
市川理夢
ほっ…
胸をなでおろ吉岡先輩から、離れた
市川理夢
何処ですか?天音さんは
吉岡 
学園長に会いに、用事があるからって
市川君と行った…あっ!(ムグッ(口を抑えた
吉岡先輩は、しまった!とやってしまった 顔をしてた。

私は、何故お兄ちゃんと天音さんとが行ったのか 知りたかったので

吉岡先輩に迫りまくる
吉岡 
理夢ちゃんこ…怖いよ顔が、ね?一旦落ち着こう!
市川理夢
フ…フフッ、洗いざらい、教えて下さい
よ・し・お・か・せ・ん・ぱ・い。(ニコ
私は、きっと 良い笑顔で 吉岡先輩に、優しく教えて下さいって

言ってるわ

フ…フフッ(^_^)
吉岡 
ヒィ!
(理夢ちゃん、笑顔が黒いよッ!怖いんですけどぉ💦)
_____________________________________________________




作者
作者
どうも、作者です!
片方欠けてる者🎭観てくださってありがとうございます!
途中から、何かホラーじゃなくなって きてるなぁと書いてる私が、余計な新キャラ
吉岡先輩を出したからだと…どうしても、書いてしまうんですよ!可笑しい人を!
何故か、ホラーでは、飽き足らず余計な事まで どしよ 私の先輩は、面白いと言ってくれるんですが
う〜ん、ホラー要素を頑張って書きます コメディーも、ほんの少し🙏入れたい!
ちょうど、良いぐらいのラインぐらいには   書こうかと (多分、書きながら 吉岡みたいに、周りの人達が似るかも…)これから、グロかったりしますね最初の公園みたいに
血とか死体とかエグくなる可能性有りです!大丈夫な人は、どうぞ!
苦手な人は、下のをオススメします。
      👇
私の愛しい人は、悪役だった。 をまだ、観てない人は 是非とも
観て下さい。