プリ小説

第4話

執事って……怖いね……。
歓迎会の途中……
あなた

(ちょっと人の気配のない所へ……)

チャラ男)なぁ、そこのお嬢さん?俺と遊ばない?
あなた

だっ、誰!?

チャラ男)俺はいいからwとりあえず、行こうぜ!
(あなたの腕をひく)
あなた

い、嫌!助けて!

シルク
シルク
おい……お嬢様から離れろ……
チャラ男)あ?おめー狙ってんのか?
こいつは俺のカノだから渡さねーよw
シルク
シルク
俺は……お嬢様の執事だ。
モトキ
モトキ
俺もね?(ニヤリ)
ダーマ
ダーマ
お嬢様に手を出すなんていい度胸してんなw
ンダホ
ンダホ
俺使って潰す?w
マサイ
マサイ
だほちゃんに賛成w
ザカオ
ザカオ
俺は嵐麻様を呼んでくる。
ぺけたん
ぺけたん
俺は悠太様呼んでくるね。
桜虎(おうが)
桜虎(おうが)
その事なら私が呼んでおきました。
悠太(ゆうた)おじいちゃん
わしの孫に何をしているのかね?
柊翔(しゅうと)
柊翔(しゅうと)
……嵐麻様連れて来ました。
嵐麻(らんま)お兄さん
嵐麻(らんま)お兄さん
俺の妹に手を出すんじゃねーよ?
チャラ男)ひっ……(涙目)
あなた

もういいよ。

シルク
シルク
お、お嬢様!?こいつはお嬢様を……
あなた

いいの。

モトキ
モトキ
……かしこまりました。
チャラ男)す、すいませんでした!(土下座)
あなた

もういいよ。頭上げて?

ダーマ
ダーマ
解散!
桜虎(おうが)
桜虎(おうが)
では、悠太様、戻りましょう。
悠太(ゆうた)おじいちゃん
そうだな。気をつけての?
あなた

はい。

嵐麻(らんま)お兄さん
嵐麻(らんま)お兄さん
きーつけてねー!
柊翔(しゅうと)
柊翔(しゅうと)
……失礼します。
ンダホ
ンダホ
お嬢様、お怪我の方は?
あなた

大丈夫ですよ。

ぺけたん
ぺけたん
そうですか。お怪我がなくて何よりです。
チャラ男)……(こ、怖い……)
あなた

えーと……あなた……お名前は……

チャラ男)□□です……
あなた

□□さん、今度は、こんなことしないでくださいね?社会は何が起きるかわからないので。

チャラ男)はい、失礼します…。
あなた

気を付けてね!(ニコッ)

チャラ男)(ドキッ)はい……!
ダーマ
ダーマ
(お嬢様、優しいなー……)
モトキ
モトキ
(さすがお嬢様ですね……お心がとても広い……)
マサイ
マサイ
(さっすがお嬢様!)
ぺけたん
ぺけたん
(お嬢様ってすごいなぁ……)
ザカオ
ザカオ
(すごいなぁ……憧れだなー……)
ンダホ
ンダホ
(会場の確認)
シルク
シルク
(ンダホの手伝い)
そして、歓迎会が終わった。


















主
今回短くてすいません!(〃・д・) -д-))ペコリン
字幕さん
字幕さん
私とシルク達でお仕置きしておきます!
主
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!
字幕さん
字幕さん
それでは!(無理矢理終わらせる)
主
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!
字幕さん
字幕さん
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れなりん🌸🐟🔔
れなりん🌸🐟🔔
どうも!れなりんこと主です。 私のファンマークが 決まりました!「🌸🐟🔔」です! みんな!よろしくね!∠(。ゝ▽・)キラッ☆ (ツッコミ→コラッ(  '-' )ノ)`-' )) (サーセンした( '-' )) (変な茶番すいません😅)