無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

遺書
___君と初めて喋った時はびっくりした。
_________は、一緒にいると安心した。
______は、色々相談乗ってくれて嬉しかった。ゲームも、イケナイことも、電話も、LINEも。最後まで一緒にいてくれてありがとう。中学からの友達でこんなに心を許したのはお前だけだったよ。
_______は、初めての__友だった。とっても嬉しかった。いつもLINEしてくれて嬉しかった。
_________は恋愛相談も乗ってくれたね。色々アドバイスくれたね!ありがとう。まぁ結局それは実行できなかったけどね‪w‪w
__________は、好きだったよ。この遺書は届かないと思うけど、君をいちばん愛していた。
みんなまたね。
今夜私は夜1時に高いビルから落ちながら包丁で胸を刺して死にます。