無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

今日は寒いね
そう友達に問いかけた。いや、もう友達じゃない彼に問いかけた。
そう言うと彼は、
それがどうした
だってさ、
想いを伝える前にこーなっちゃったもんね、仕方ないかぁ
まさか本当の兄だったなんて思いもしなかった。
大好きだったよ。お兄ちゃん