無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

君のためになら泣けたのに。
君がいなくなった今、俺はなんのために泣けばいいの?
君がいない日は、生きている気がしなかった
そう感じた俺は、ビルから身を投げた。