無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

僕が言った死は彼には理解できなかったようで。
そっと彼の頬を触る。
いや、触ろうとする。
でも、僕はもう死んじゃったんだ。
ごめんね?そんなにないてくれるとは思わなくて。
1人で色々抱え込んでたや‪w
今までありがとね________