無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

なんでだろう
世界が明るい気がした。
ほんの一瞬。この一時だけ。
彼女を見た瞬間そう思えた。
僕から見る世界が輝いたのはこれが初めてだろう。
ありがとう。僕に生きる意味を与えてくれて。ありがとう。
________そうな僕を助けてくれて。