無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

変更
_









テヒョン『あなた、どうした?』









いつの間にか ,テヒョン が部屋に入ってきてた









「え?いや、別に」




テヒョン『何か隠してない?』




「なんも隠してないよ」




テヒョン『ほんと?』




「ほんとほんとㅎㅎ」




テヒョン『笑って誤魔化すなよ?』









笑ってそう言ってたけど ,目が笑ってなかった









「そんな事しないよ!ㅎㅎ」




テヒョン『そうだよな、あなたはいい子だもんな?』




「もー、子供扱いしないでっ」




テヒョン『ははっ、可愛い♡ㅎㅎ』




「うっせ!」









てな感じで ,いつもの調子に戻せたのはいいんだけど ...

テヒョン と話してる間 ,ずーっとあのキーホルダーの事しか頭になくて ,ほとんど テヒョン の話を聞けなかった 。









「じゃあ、私そろそろ帰るね」




テヒョン『ん、送ってく』




「うんっ」









✱✱✱









テヒョン『じゃ、また明日な!』




「うん!じゃあね!」









そう言って家に入った 。

家はいつにもまして静かだった 。









✱✱✱









「はぁぁぁぁぁー」









自分の部屋に入って ,大きなため息をつく

今日はなんか ,大変だったな〜

それにしても ... あのキーホルダー ...

怪しい 。

テヒョン を疑いたいわけじゃないけど

ハウン が持っていたキーホルダーだったから

嫌でも疑ってしまう 。









「あぁぁー!もうっ!」









頭を悩ませながらベットでゴロゴロしてたら

いつの間にか ,眠りに落ちてしまった __




































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あの!すみません!変更があります!!

あなたちゃんはストーカーって言ったじゃないですか!?((

あれ、なしってことにします。

話がややこしくなったので...(^ω^;);););)

それと、最近更新できてませんでしたね!

申し訳ございません💦

若干ネタ切れ状態なんですけど、頑張ります笑

あ、お気に入り800行きましたっ(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)♡

ありがとうございます!!

では、안녕 👋🏽💗









_