無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

冗談
_









テヒョン side









テヒョン『グク、ちょっと来て』




グク「おう」









✱✱✱









テヒョン『あのさぁ、お前のせいであなたが別れようとか言ってきたんだけど』




グク「は?俺のせい?」




テヒョン『そうだって、言ってんだろ』




グク「あなたが、別れようって言ったのはテヒョンが嫌になったからじゃねぇの?」




テヒョン『は?何言ってんの』




グク「だって、俺あなたから、相談されてたし」




テヒョン『何を?』




グク「あなたは、お前が怖いんだってよ」




テヒョン『俺が?怖い?意味わかんねぇんだけど』




グク「そのまんまの意味だけど?」




テヒョン『とりあえず、もうあなたと喋んないでくんない?』




グク「何で?お前が決める事じゃねぇだろ」




テヒョン『お前、ほんとに人の彼女取る気なんじゃねぇの?』




グク「あなたのことは好きだけど、お前から奪うつもりh...」




テヒョン『は?今なんつった?』




グク「だから、俺もあなたが好きなんだよ」




テヒョン『お前殺されたいの?』




グク「...は?じょ、冗談やめろよㅎㅎ」




テヒョン『本気だけど?』




グク「はぁ.........お前とは、ずっと仲良くしていけるって思ってたんだけどな…」









そう言うと グク は ,目に涙を溜め

弱々しく微笑んだ 。

それにますます ,むかついてきて

グク を殴ってしまった









グク「 ...い、ってぇ... 」




テヒョン『今度あなたに近付いたら、まじでぶっ殺すから』




グク「お前になんて言われようと、あなたから離れる気はねぇから」







そう言って ,グク は俺に背中を向けて

歩いていった


なぁ ... グク




































































































































″ 俺達 、いつからすれ違ってたんだろうな ″












_