第27話

浅にぃるーと2
浅沼晋太郎
綾音~?
はやくしないと置いてくよ?
保志綾音
ごめんね!
あともうちょっとだけ待って!
今日はわけあって
マネージャーの妹さんに会いに行く日。
こっちに引っ越してきたらしいんだけど、家がないらしくて……。

マネージャーの家は彼氏がいるからダメって言われたんだって。

とゆうことで


ドジで可愛い子と一緒に住むことになりました。
家事はほぼできるすごい子で、年齢は18らしい。
保志綾音
できたっ!行こ!
浅沼晋太郎
はーい。あ、柿原くん先に行ってるって
保志綾音
そうなの?
まぁいってきます!
浅沼晋太郎
いってきまーす
前野智昭
行ってらっしゃい。
気をつけてくださいね~
鈴木達央
事故ったりしないでくださいよ?
浅沼晋太郎
わかってるよ笑
と、言って家を出た。

少し歩いて待ち合わせ場所の駅前のカフェに向かう。
保志綾音
どんな子なんだろ~
浅沼晋太郎
え?マネージャー何も教えてくれないの?
保志綾音
わからないことあったら聞いて~だけだったよ
浅沼晋太郎
なんて無責任な…笑
柿原徹也
あ、居た!
おはようございます
浅沼晋太郎
おはよ~
保志綾音
おはよう!
マネージャーの妹さんは?
悠奈
あ、おはようございます!
悠奈って言います!よろしくお願いします
浅沼晋太郎
よろしくね
保志綾音
よろしくお願いします
柿原徹也
てか、さっき俺の声が好きって言ってくれた~笑
浅沼晋太郎
すっごいにやけながら言うね?笑
柿原徹也
それほど嬉しいってことですよ!笑
浅沼晋太郎
へぇ~笑
あ、まだ他に人はいるから家に着いたら紹介するね
悠奈
あ、はい!
ありがとうございます!
浅沼晋太郎
いいえ。
礼儀正しいね!優しそうな子で良かった!
保志綾音
だね!
柿原徹也
それじゃ家戻って紹介していこっか!
細かいことは歩きながらでいい?
浅沼晋太郎
少し歩くからしんどくなったら言って?
悠奈
あ、ありがとうございます!
保志綾音
(…しんた兄ちゃん、人見知りなのに…前からずっと一緒に居たような感じだなぁ。……なんだろ…この気持ち)
----------------
ねーと((作者
ねーと((作者
はい!ここで切ります!
本編は少ないですがこれも関わってきますのでね( ^ω^)
ねーと((作者
ねーと((作者
悠奈さん、これで大丈夫でしょうか?
ねーと((作者
ねーと((作者
もし、こうして直して欲しいなんてあれば言ってくださいね!
ねーと((作者
ねーと((作者
ではでは