第4話

漫画みたい1
朝になった。

目を開けると目の前には達兄が居た。
保志綾音
(ね、寝とる)

おはよ~((コソッ
と、寝ている達兄に言ってリビングに向かった。
寺島拓篤
あ、おはよ~(´˘`*)
よく寝れた?
保志綾音
えぇっと……まぁ
あれから恥ずかしくて
無心になる度に思い出しては
よく眠れなかった。
寺島拓篤
なんかあった?
保志綾音
い、いえ何もありません!
寺島拓篤
てか、敬語やめない?( ´・ω・`)
なんか寂しい感じする
保志綾音
はい!!
前野智昭
おはよう。
保志ちゃん、よく眠れた?
寺島拓篤
それがよく眠れなかったぽいんだよね~
前野智昭
達がなんかしたとか?w
まぁそれはないか
保志綾音
(またよみがえってきた////)

そ、そんなことないで!
寺島拓篤
わかりやすくない?w
前野智昭
めっちゃわかりやすいw
保志綾音
あ、、すみません!
すごくタメで話してました(・∀・;)
前野智昭
全然w
てか、タメでいいからね?
保志綾音
え、ありがとうござい……
ありがとう!
リビングで話していると
みんな起きてきた。
全員
おはよー!
保志綾音
あ、私、今日は学校ですので
いってきます。
柿原徹也
え?学生?
全然知らなかった…w
保志綾音
高校1年です!
それでは!!
全員
いってらっしゃーい!
高校1年で元気よく学校行ってるはずなんだけど

実はいじめに最近あいました( ;∀;)

共学校ですけど女子が……
いや、私も女子だけどね??
保志綾音
(はぁ。ついてしまった。)
ドアを開けると
クラスメイト
クラスメイト
綾音!おはよ!
保志綾音
おー、おはよー
クラスメイト
クラスメイト
元気ねぇじゃん
どした?
保志綾音
いやー、なにもー
この子は人気者のクラスメイト。
よくこの子が関わってくれるから
いじめにあう。

女子にはあまり話しかけないらしいんだよね
保志綾音
(うわ、もう視線が痛いんやけど)
転校してきたため
親友などもいない
いじめっ子
いじめっ子
ねぇ~!
保志ちゃん!ちょっとこってきてよ!
保志綾音
(うわ、、早めに終わらそう)
いじめっ子の方へいくと
いじめっ子
いじめっ子
何度言ったらわかんだよ。
いい加減にしろよ
保志綾音
あの、私から関わってるのでは
ないんですけど?
それわかってますか?
いじめっ子
いじめっ子
はぁ?無視すればいいでしょ?
保志綾音
なんでそんなことしなきゃいけないの
いじめっ子
いじめっ子
なんでもいいでしょ?(  ・᷄-・᷅)
保志綾音
めんどくさいなぁ。
なんなら私の悪い噂でも流せば?
いじめっ子
いじめっ子
わかったわよ!
覚えておきなさい!
そう言って去って行った
保志綾音
あ、忘れ物した。
はやめに来てて良かった!

家戻ろっと
家に戻ると
鈴木達央
あれ?保志じゃん。
どうした?
保志綾音
忘れ物しちゃったから~
鈴木達央
そうか。
なんか機嫌悪いか?
保志綾音
え?そんなことないよ?
鈴木達央
はぁ……

((ギュッ←抱きつく))

無理すんなよ
保志綾音
え、あ、うん!
保志綾音
ありがとう…/////
-------------------------------
ねーと((作者
ねーと((作者
ここまでです~( ^ω^)
いやぁ、ちょっと気づいたかな?
江口拓也
なになにー?
ねーと((作者
ねーと((作者
あ、えぐ!やほやほ。
学校にいるときと家のときの様子違うかったでしょ?
江口拓也
あ、確かに!!
これ機嫌が悪いだけ?なの?
ねーと((作者
ねーと((作者
そーゆのではないんですよ~( ^ω^)
ねーと((作者
ねーと((作者
じつは( ^ω^)
ねーと((作者
ねーと((作者
次回!!
ねーと((作者
ねーと((作者
保志ちゃんの過去!!
江口拓也
アニメの終わりみたい、、
江口拓也
気になるなぁ……
ねーと((作者
ねーと((作者
あ、保志ちゃんが性格悪いだけとか
そんなことないよ!?

私の愛しの保志ちゃん傷つけるなよっ✩
マネージャー
それではまた次回( ^ω^)
ねーと((作者
ねーと((作者
わ、マネージャー……

出番多くするからね( ^ω^)