前の話
一覧へ
次の話

第34話

浅にぃるーと
家で軽く悠奈さんに家のことを軽く説明してから、夜ご飯を作り始めようと買い物に行こうとした。
浅沼晋太郎
あれ?どこ行くの?
保志綾音
駅前のスーパーだよ
浅沼晋太郎
俺も行くよ
保志綾音
あ、ありがと!
助かるよ
浅沼晋太郎
じゃいってきまーす
保志綾音
いってきます
スーパーに向かって歩いた。
浅沼晋太郎
ねー
なんでそんなにふてくされてんのー笑
保志綾音
ふてくされてないよ
ただ、悠奈さんと仲良くしてたのがちょっと…
浅沼晋太郎
ヤキモチだ
保志綾音
うぅ…
浅沼晋太郎
図星だ笑
浅沼晋太郎
でも、あれだよ?
悠奈さんの好きな人は柿原だから安心してよ
保志綾音
え、そうなの!?
浅沼晋太郎
なんとなく雰囲気だけど笑
浅沼晋太郎
でも、ヤキモチって…
もしかして……
保志綾音
…いやいやいや、そんなわけないじゃんー、笑
保志綾音
私たち兄妹だよ??
それはおかしすぎるよ笑
浅沼晋太郎
え?
浅沼晋太郎
母さんから聞いてなかった?
保志綾音
なにが?
浅沼晋太郎
教えられてなかったんだ…
浅沼晋太郎
綾音は、小さい頃俺の家に引き取られたの
浅沼晋太郎
だから、本当の兄妹ってことではないんだよ
保志綾音
え?
そうなの?
浅沼晋太郎
うん
保志綾音
(え……じゃあ…)
----------------
ねーと((作者
ねーと((作者
短いですね💦
これからも頑張るのでよろしくお願いします(*^^*)