第25話

徹也くんるーと
柿原徹也
どっちがいい?
どっちって言われても……
保志綾音
……あ、
寺島拓篤
どうしたのー?
保志綾音
え、あ、なんでもないよ!
まだもう少し寝たら??
寺島拓篤
んー、、そうだね
拓篤が起きてしまったが
またすぐに寝た。
浅沼晋太郎
で。どっちを選ぶの?
柿原徹也
これは…恋愛としてだからね?
恋愛的に……。
私は、今まで2人をそう見たことがなかった。
しんた兄ちゃんは昔から仲がいいし…血繋がってないのが不思議なくらい。
徹也くんは、いつも優しくておもしろくて、時に真面目で…
柿原徹也
…結構迷うなw
まぁそんな深く考えるなよ~?
保志綾音
え?
さっきまで怒った顔をしてたのに……。
それを我慢するかのように無理やり笑顔を作って言った気がした。
浅沼晋太郎
そうだねw
ジョークみたいなもんだよw
しんた兄ちゃんは、徹也くんの言葉を聞いて呆れたような声をして言った。
-----------
気まずい中収録をし、無事にロケ終了
鈴木達央
ただいま~_( _´ω`)_
前野智昭
あ~疲れた(:3 」 ∠)
家に帰ってきたのは夜の10時頃。
江口拓也
もう寝ます?
さすがに疲れましたよね~w
浅沼晋太郎
だね
全員
おやすみ~
帰ってきてすぐに自分の寝室に向かった。

私が今日寝る部屋は徹也くんの部屋だった。
柿原徹也
綾音…
柿原徹也
お前って俺のこと嫌い?
みんなが部屋に戻って
静まったリビングでそう聞かれた。
保志綾音
嫌いじゃないよ!
柿原徹也
じゃあ好き?
保志綾音
……
柿原徹也
まぁいいけどさ!
柿原徹也
てか、俺、最近仲良くしたい女の子できたんだよ~。
俺の部屋で寝るの今日が最後でいい?
保志綾音
え?
柿原徹也
保志綾音
わかった…
保志綾音
……私ちょっと外出てくるね!
先に寝てて(´˘`💦)
柿原徹也
わかった
あの言葉を聞いた瞬間
自分は特別じゃないことに気づいた。

いつも笑顔で仲良くしてくれて…兄妹のように楽しく過ごしてたから、特別だなんて勝手に思い上がってた。
外に出て行くあてもないけど…ただあの家から離れたかった。


自分のバカな頭を冷やしたかった。
5分くらい歩くと明るい街に出た。

すると…強い雨が降り始めた。
頭を冷やすのにはちょうどいい……
- - - - - - - -- - - - - - - - - - -
ねーと((作者
ねーと((作者
ここで切りますね!!
ねーと((作者
ねーと((作者
悠奈さん、申し訳ないのですが次のときに出しますね…💦💦
ねーと((作者
ねーと((作者
なんか…恋愛っていいね
青春
ねーと((作者
ねーと((作者
浅にぃの写真集発売するんだってね😇😇
みんなは買いますか???
もうめちゃくちゃ語りたい←←←←
ねーと((作者
ねーと((作者
雑談はこれまでとして←
ねーと((作者
ねーと((作者
次もよろしくお願いします!!