無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

42
2021/08/09

第6話

#6話👻
ー次の日ー
ーころんsideー
先輩からまだ返信が来ない
なんか嫌な予感がするんだよなぁ…
僕は不安をかき消すために、散歩をすることにした
でも、ただ散歩するだけじゃつまらないだろうし…
僕は、麦わら帽子にノースリーブの白シャツ、そしてサンダルという格好をした
右手には虫網を持って、左手には虫かごを持つ
つまり、セミを取りながら散歩するってこと
セミ取りに夢中になれば、きっとこの不安も消えるよね
僕は真夏の太陽の下、アスファルトで出来た道路を歩いた
ー散歩中ー
ころん
ころん
おりゃ!
ミーンミーン
歩いてから、はや30分
未だに虫かごの中は空だった
僕がセミを探していると、1つの看板に目がいった
そこには…
















この時期になると大天狗が出る危険性あり
捕まると…


















そこで文字は途切れていた
なんでいい部分が消えてるんだよ
ころん
ころん
もしかして…先輩は…!
僕は急遽(きゅうきょ)莉犬くんとるぅとくんを呼んだ