無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2021/08/08

第5話

#5話👻
ー部室ー
ーころんsideー
ころん
ころん
よ
莉犬
莉犬
あ!やっと来た!
るぅと
るぅと
ころちゃん遅いですよ
るぅと
るぅと
2時間遅れとか有り得ないです
僕はころん
今、部室に到着した
ころん
ころん
あれ?先輩は?
先輩が一番乗りだと思ってたんだけど…
そこには先輩の姿が見えなかった
莉犬
莉犬
それが…まだ来てないんだよね…
るぅと
るぅと
用事で遅れるとかですかね?
莉犬
莉犬
有り得る
用事…か
ころん
ころん
先輩…部長なのに…
ころん
ころん
部長いなかったら今日の活動内容わかんないじゃん
るぅと
るぅと
今日は一旦帰ります?
莉犬
莉犬
そうしよっか
莉犬
莉犬
じゃあ先に帰ること伝えるためにLINE送るね
るぅころ
るぅころ
…
るぅころ
るぅころ
(こいつ先輩のLINE持ってるの?)
るぅころ
るぅころ
(  ◉ ω ◉)(どこまで先輩と親しいんだ…!)
莉犬
莉犬
あれ、
莉犬
莉犬
もしかして持ってない?
るぅころ
るぅころ
当たり前/じゃん/です
莉犬
莉犬
じゃあ俺が先輩のLINE送るね
そう言って莉犬くんは僕たちのグループLINEに先輩のアカウントを貼った
フム((¯ω¯*))フム
なかなか綺麗なイラストのアイコンだな…
僕は早速友達追加した
るぅと
るぅと
試しに先輩にメッセージ打ってみます
ころん
ころん
ぼ、僕も!
なんて打とうかな…
元気にしてます?とか?
いや、違うな…
その時、一つの案が浮かんだ
どうか当たりませんように…
そう願いながら
僕は先輩にこの文を送った









妖怪にさらわれましたか?










この山妖怪が沢山住んでるって噂もあるし…
別にさらわれててもおかしくはない
莉犬
莉犬
みんなはなんて送ったの?
そう言って莉犬くんが、僕とるぅとくんのスマホを覗いた
るぅと
るぅと
僕は先輩に、『今どこですか?』って送りました
莉犬
莉犬
ころちゃんは?
ころん
ころん
僕?
ころん
ころん
僕は、『妖怪にさらわれましたか?』って送ったけど…
莉犬
莉犬
妖怪にさらわれましたか…?
ころん
ころん
うん
ころん
ころん
だってこの山妖怪が沢山住んでるって噂あるし
るぅと
るぅと
てことは…
るぅと
るぅと
僕達も結構やばくないですか?
赤青黄
赤青黄
…
莉犬
莉犬
か、帰ろっか…
すると、妖怪とかお化けが超苦手な莉犬くんが一言呟いた
ころん
ころん
なに?怖くなったの?
るぅと
るぅと
ただの噂ですし、そんなに怯えなくて大丈夫ですよ
莉犬
莉犬
でも…
莉犬
莉犬
俺…もう帰りたいよ…
莉犬
莉犬
それにもうすぐで門限だし…
そういえば莉犬くん家の門限は8時だったっけ
ころん
ころん
じゃあ帰るか…
るぅと
るぅと
また明日…ですね
僕達の間に気まずい空気が流れた
ー帰り道ー
莉犬
莉犬
先輩…大丈夫だよね…?
るぅと
るぅと
きっと大丈夫です…
ころん
ころん
妖怪の話だって噂だし…
ころん
ころん
それに妖怪なんて非科学的すぎる
るぅと
るぅと
ただの迷信ですよ
もし本当に妖怪がいたら…












あの事件も妖怪のせいだったのかな?












いや、このことは忘れよう
大切な人を失った日のことなんか…
るぅと
るぅと
じゃあ僕はこっちなので
莉犬
莉犬
俺はこっち
ころん
ころん
じゃあね
3人でそれぞれ別の道を歩いた
ころん
ころん
はぁ…
僕はまた大切な人を失うのだろうか…