無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

体育祭。
今日はいよいよ、体育祭本番!







天気もいいし絶好日和だ。








暑ささえなければ……。
鏡原姫乃
鏡原姫乃
暑っーい!日焼けするな絶対…
荒田 翔
荒田 翔
頑張れ、まだ競技残ってるから体力温存しとくんだよ?
鏡原姫乃
鏡原姫乃
うん…
あとは学年対抗リレーと応援合戦で終わりなはず…












リレーのバトンは翔くんから私へと引き継ぐようになっている














クラスのためにも頑張らなきゃ…








それに翔くんにいいとこ見せたい!
荒田 翔
荒田 翔
集合かかったよ。行こっか
鏡原姫乃
鏡原姫乃
あ、今行く!
荒田 翔
荒田 翔
じゃあ、俺反対側だから。頑張ってね
鏡原姫乃
鏡原姫乃
翔くんも頑張ってね!
リレーが始まった





組は全部で五つに分かれている











赤組、白組、青組、黄組、紫組










私たちのクラスは白組










今のところ合計点数は一位が黄組、二位が紫組、三位が白組で点数の差は僅差だ










このリレーに勝てば白組は優勝する












どんどん前の列が進んでいく
















私の前の子が走り出し私はスタンバイする














今のところ四位













ビリから二番目だ…










翔くんにバトンが渡される












翔くんはどんどん人を抜かしていって一位の人とほんの少しの差で私にバトンが渡された





荒田 翔
荒田 翔
頑張れっ!
普段、大きな声を出さない翔くんが珍しく大声を出した







その声援に背中を押される










スピードをどんどん上げ一位の人を抜かす















翔くんが差を縮めてくれたおかげだ












そのまま一位のままアンカーにバトンを渡す












さすがアンカーということもあり二位との差もどんどん開け余裕でゴールをした
荒田 翔
荒田 翔
姫乃凄かったね。速かったよ
鏡原姫乃
鏡原姫乃
それは翔くんでしょ?凄いよあんなにどんどん抜かしてって


………って!今、名前で呼んだ!?
荒田 翔
荒田 翔
うん。姫乃も俺の事、名前呼びになったからいいかなって。…ダメだった?
いやいやいやいやっ!






全くそんなことない!

むしろウェルカムだよ!
鏡原姫乃
鏡原姫乃
だ、ダメじゃない!
荒田 翔
荒田 翔
そっか!良かった
翔くんは今まで見た中でとびきり一番の笑顔を向けた








ああ、もうっ!







それは反則だよ…










かっこかわいい!






こんな表情他の人には向けて欲しくないな…







あれ?



私、独占欲こんなに強かったっけ?






今年の体育祭は白組の優勝で幕を閉じた……