無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

911
2018/11/30

第14話

ねぇ何かあった?
今日は土曜日!



シルクの最後の夢。



それは、自分のソロ曲を作ること。



兄さんは今レコーディングに行っている。




家には、お兄ちゃんとあなただけ。
あなた

(スマホ見てる。

マサイ
マサイ
あなた〜?
あなた

ん?何…

マサイ
マサイ
顔色悪いぜ?体調悪いんじゃない?
あなた

大丈夫だよ…

マサイ
マサイ
俺らがアメリカ行ってる間、なんかあった?
あなた

えっ…?

あなた

なんで?

マサイ
マサイ
いや、無かったらいいんだけどな。
あなた

無いよ…
(いつか言うからね…)

マサイ
マサイ
ん。分かった。しんどく無い?
あなた

大丈夫だよ。

マサイ
マサイ
そっか。
シルク&マサイside
シルク
シルク
どうだった?
マサイ
マサイ
やっぱおかしかったよ…
シルク
シルク
なんかあったのか?
マサイ
マサイ
俺…何も…分かんなかった…(泣)
シルク
シルク
マサイ!泣くなよ。お前のせいじゃないんだから。
マサイ
マサイ
うん…
あなた

お兄ちゃん…兄さん…ごめんなさい!!!!!

シルク
シルク
あなた…
マサイ
マサイ
あなた?
あなた

何も話さなくて…
気使ってくれたのに…

あなた

ちゃんと話すから、聞いてくれる?

シルク
シルク
おう。ちゃんと聞くよ。
マサイ
マサイ
誰にも言わないから。
あなた

分かった…