無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

紫 と 。
… 只今 一松 に 押し倒されております()
あなた

こんなことしちゃダメって !!
それに … みんないるし … 。

一松
一松
大丈夫だって… みんな1階だから… 。
あなた

でも … ッ !!

一松
一松
煩い  。
そう言う と 一松 は キス を してきた
あなた

んむっ !? //

一松
一松
可愛い … ヒヒッ  。
あなた

… ッ ばか 。 ///

仕返しに 自分から キス してやった 。


… 逆効果だ … 。
一松
一松
何  ?? そんなに襲って ほしいの  ??
と言いながら 一松 は 私の 胸 を 触ってくる 。
あなた

ん ッ ダメだって //

一松
一松
… 誘ってきたのそっちじゃん  。
あなた

誘ってなんかない ッ !!

一松
一松
本当に … ??
そう言っては 一松が 私 の 秘部 の 方へ手を伸ばした時 …
はてなさん。
はてなさん。
2人とも  ,  よければ 俺も混ぜてくれないか  ??
誰 … ??


























齺嚥
齺嚥
ここまでです !!


クソすぎてすいません 。 はい
短すぎて すいません 。
トド松
トド松
僕とか 全然出てきてないよ !?
十四松
十四松
僕も僕も - !!
齺嚥
齺嚥
あとで出すから 許してちょ ♡
トド松
トド松
… 次出さなかったら 卍固めね 。
齺嚥
齺嚥
は  ,  はひ … 。