無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第66話

🔞
私は、ぐくをおいてじみんと帰ろうとした。




































けど
じみん
じみん
え!?そ、そあ!?
そあ
そあ
ごめん!じみん!!先帰ってて!!










私の脚は理科室へと向かっていた。







































ぐぃっ




誰かに腕を引っ張られて、空き教室に連れ込まれる。






そあ
そあ
ひゃっ!だ、誰?
、





































































じょんぐく
じょんぐく
そ、、あッ…ハァハァハァ//



息が荒いぐく。










そして、顔も真っ赤





















そあ
そあ
ど、どうしたの?
じょんぐく
じょんぐく
媚薬いれ、られッッた…ハァハァ//
じょんぐく
じょんぐく
相手して?ハァハァ//んっ//
そあ
そあ
んんっ!?///
ぐくにキスされるそあ。








じょんぐく
じょんぐく
俺んの舐めて?//
そあ
そあ
ひぃあッッ//
そあは口の奥までぐくのビンビンになったモノを押し込まれる
そあ
そあ
ひもひい?(気持ちい?)
じょんぐく
じょんぐく
んあッ//喋んなぁっ//
、










じょんぐく
じょんぐく
ヤバッ//イクッ//
そあ
そあ
!?((ゴクン







ぐくの欲を飲んじゃったそあ。









じょんぐく
じょんぐく
は!?飲んだの!?汚いよ??
そあ
そあ
いーの(笑)
そあ
そあ
そういえば、、、
そあ
そあ
じひょちゃんは??
じょんぐく
じょんぐく
あ、ヤったと思った?
そあ
そあ
ッ、、!?///
じょんぐく
じょんぐく
図星?
そあ
そあ
…///
じょんぐく
じょんぐく
ㅋㅋㅋ
じょんぐく
じょんぐく
お前以外となんか楽しくねーよ






















































ぐくの言葉を嬉しく思った。