無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

触るな。俺の玩具に、、、
ぐくside 




俺は何人かに押さえられ、イスに縛り付けられて
動けなかった。






















じょんぐく
じょんぐく
くそッ


しかも、イスの位地はジンの部屋の前。







聞こえてくるのはジンとそあの果てた声。。。








そあ
そあ
ンッ//やぁぁん//
ジン
ジン
アッ///
そあ
そあ
やだッッダメだよッッんっぁ///
ジン
ジン
うッるさい…///






繋がってる音も聞こえてくる。
































ふざけんな。














触んな…





























俺の、、、















俺のそあに__________
































ぶちっ
縄が切れた。






俺の力恐るべし☆←












































キムソクジン。逃げた方が身のためだぜ??





ぐくside end