無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第92話

最後 (最終回ではないですよ)
ぐくside 








俺が来るのが遅かった












最悪だ































こいつは優しすぎんだよ











でも、そう言うところが俺は好きなんだ





































動こうとするそあ






それを俺は、止めたけど









どんどんと流れ出てくる血





























なんとも言えない赤が













綺麗で













綺麗で































俺は涙を流した_____________





































そあは俺の目をしっかりと見て、ふにゃっと笑った












































そあと目が合ったのがこれで……











































































































































最後だ