無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

キッチン
何故か私はじみんさんと歩いた距離が長く感じた
じみん
じみん
ここですよ?
そあ
そあ
ここか、ありがとうございました
じみん
じみん
いいえ。当然のことをさせていただきました。
そあ
そあ
あ、これだ!!
私はバナナキックを持ち、部屋へ向かった