無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

27



ピーンポーン







スンチョル
はーい、





ドタドタドタとうるさい足音が近づく







スンチョル
え、なんでいるの
ジョシュア
さらってきちゃった((ニコ
You
さらわれてきちゃった
スンチョル
え、待ってジョンハンは?
ジョシュア
今から呼ぶ
You
???
ジョシュア
とりあえず中に入れてくれない?
ジョシュア
そんな寝癖だらけの頭で玄関開けっぱなんて恥ずかしくないの?
スンチョル
恥ずい





と、私達は家に入った

















ジスくんって意外と毒舌なのかな、



なんかそこもギャップ萌え//////////





ジョシュア
あ、あなたちゃんリンゴジュース飲める?
You
うん!飲めるよ
ジョシュア
じゃあ、はいこれ
You
ありがと!
ジョシュア
これは僕しか作れない魔法のリンゴジュースだからね((ヒソヒソ
ジョシュア
秘密のジュースだよ((ヒソヒソ
ジョシュア
あなたちゃんだけ特別((ヒソヒソ
You
え、そうなの!?ジスくんが作ったんだ
You
凄いね!ありがと
ジョシュア
じゃあ、僕とスンチョルはお菓子とか色々買ってくるから
ジョシュア
何か食べたいのとかある?
You
んーん!おまかせするよ!
ジョシュア
わかった〜









ガチャ








2人が家を出て




1人の空間












あの事を思い出す。





















ジョンハン
好きなんだ...。
















少し恥ずかしくなり




ジスくん特製のリンゴジュースを1口飲む







You
おぉ〜





中々不思議な味

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

→🤗넌💕←💬
→🤗넌💕←💬
ニックネームにファンマークつけてる人と紹介文につけてる人フォロー少しずつだけど返していこうかなって思ってます。紹介文に付けてくれる人出来れば一番最初のとこに書いてくれると探しやすいです!!🤗︎💕︎ ファンマーク作ってる人がいて、自分もやりたいと思ったので作ってみました!! 愛読者マーク →🤗💕← です! 付けてくれると嬉しいです!! 小説のコメント書いてくれると嬉しいです!! ジウちゃん。 ハヨンちゃん。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る