無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

20
You
ジョンハンくん図書委員だったっけ
ジョンハン
ううん、さっきたまたま来たら頼まれちゃって




この前のことが無かったかのように話しかけてくれる彼女の目は僕を映してくれない。



You
部活は?
ジョンハン
やめたんだ。怪我しちゃって
You
そっか、



・体が小刻みに震えてる彼はいつもと違うように見えた。何かを恐れているような。
You
ジョンハンくん、私この前の怒ってないから


そう言ってくれたが、俺のところは見てくれない



ジョンハン
ごめん。ほんとに。


・涙を堪えてるように見えた。少し弱々しい。
You
じゃあね




もう近づくなという意味の
「じゃあね」
に聞こえた。
けど、何故か彼女も少し切ない表情だった。


ジョンハン
ほんとに、好きなんだ。


ガチャ...。




You
聞こえちゃってるよ。。。






・少しづつ変わり始めてる気がする

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

→🤗넌💕←💬
→🤗넌💕←💬
ニックネームにファンマークつけてる人と紹介文につけてる人フォロー少しずつだけど返していこうかなって思ってます。紹介文に付けてくれる人出来れば一番最初のとこに書いてくれると探しやすいです!!🤗︎💕︎ ファンマーク作ってる人がいて、自分もやりたいと思ったので作ってみました!! 愛読者マーク →🤗💕← です! 付けてくれると嬉しいです!! 小説のコメント書いてくれると嬉しいです!! ジウちゃん。 ハヨンちゃん。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る