無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

30
ジョンハン
はぁ、はぁ、、






急いで来たのにスンチョルの家には誰もいない









































と思ってた。















You
ン、ッフ//













どこからか声が聞こえる













色んなところを探して





















スンチョルの部屋
























ガチャ...。
















ジョンハン
/////
You
あッ//なんでいるのッ//
ジョンハン
どうしたのあなたちゃん!/







声の主はあなたちゃんだった





それもいつもと違うあなたちゃん







You
暑いッ//
と言って来ている服を脱ごうとする
ジョンハン
あぁあぁあぁ///////
ジョンハン
俺出てくね!/////


と部屋を出ようとすると
You
待って、///ッ
You
助けてッ/
と俺に抱きついた
ジョンハン
////チョット、、/






俺、我慢できないかも







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

→🤗넌💕←💬
→🤗넌💕←💬
ニックネームにファンマークつけてる人と紹介文につけてる人フォロー少しずつだけど返していこうかなって思ってます。紹介文に付けてくれる人出来れば一番最初のとこに書いてくれると探しやすいです!!🤗︎💕︎ ファンマーク作ってる人がいて、自分もやりたいと思ったので作ってみました!! 愛読者マーク →🤗💕← です! 付けてくれると嬉しいです!! 小説のコメント書いてくれると嬉しいです!! ジウちゃん。 ハヨンちゃん。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る