無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

32







服に着替え
少し落ち着いたあなたちゃんに話しかけてみる






ジョンハン
腰大丈夫?
ジョンハン
ごめんね、俺がちゃんと止めてあげてたら
You
さっきの、私じゃない




顔はよく見えないが、



涙が見えた気がした





You
私こそごめんね、ほんとに





今俺が言ってあげられることは何一つ無かった














テーブルにあるジュースを一気に飲み干し


ジョンハン
ッ、ちょっと外出るね、


お互い1人の時間が必要だと思い


そんなことを言った








咄嗟に飲んでしまったジュースの不味さに

さらにおかしくなるかと思った


















今の気温は19℃

こんなに熱いわけないはず。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

→🤗넌💕←💬
→🤗넌💕←💬
ニックネームにファンマークつけてる人と紹介文につけてる人フォロー少しずつだけど返していこうかなって思ってます。紹介文に付けてくれる人出来れば一番最初のとこに書いてくれると探しやすいです!!🤗︎💕︎ ファンマーク作ってる人がいて、自分もやりたいと思ったので作ってみました!! 愛読者マーク →🤗💕← です! 付けてくれると嬉しいです!! 小説のコメント書いてくれると嬉しいです!! ジウちゃん。 ハヨンちゃん。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る