無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

35


好奇心で部屋に入ってみると






ジョンハンくんが息を荒くしてうずくまっていた






ジョンハン
入って来ちゃダメだって、ッ言ったじゃん//




苦しそうなジョンハンくんに近づき背中をさすると







ビクッと反応し顔を上げた






ジョンハン
あなたちゃんッ、今の俺に触っちゃダメッ//





女子高生。
そうゆうことに興味が無い訳では無い。













ジョンハンくんの下に手を伸ばし



少しだけ触れてみる


ジョンハン
んッッ////あァ、











面白いほどに感じてくれる







You
今度は私が助けてあげる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

→🤗넌💕←💬
→🤗넌💕←💬
ニックネームにファンマークつけてる人と紹介文につけてる人フォロー少しずつだけど返していこうかなって思ってます。紹介文に付けてくれる人出来れば一番最初のとこに書いてくれると探しやすいです!!🤗︎💕︎ ファンマーク作ってる人がいて、自分もやりたいと思ったので作ってみました!! 愛読者マーク →🤗💕← です! 付けてくれると嬉しいです!! 小説のコメント書いてくれると嬉しいです!! ジウちゃん。 ハヨンちゃん。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る