無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
ソラン
ソラン
はっ?
あなた
あなた
アイツだって朝の奴
ソラン
ソラン
ちょっとヤバいぞ
あなた
あなた
((近ずいて来てる
テヒョン
テヒョン
おいっ、
あなた
あなた
、、、
テヒョン
テヒョン
お前だよ
あなた
あなた
っあ、
あなた
あなた
私ですか?
テヒョン
テヒョン
うん
あなた
あなた
なんの御用で?
ソラン
ソラン
((あなたちょと心配、
テヒョン
テヒョン
ちょっと来い、
あなた
あなた
え?
テヒョン
テヒョン
早く
あなた
あなた
あっ、はい
屋上
テヒョン
テヒョン
お前朝の奴だよな?
あなた
あなた
……はい
テヒョン
テヒョン
お前俺にぶつかったお詫びに、今日から俺の言うこと聞け、
あなた
あなた
はぁーーーー?
テヒョン
テヒョン
なんだよ、
テヒョン
テヒョン
当たり前だろ?
テヒョン
テヒョン
しかも先輩だぞ?
あなた
あなた
……
あなた
あなた
((何で先輩だからって調子超えてんじゃね〜よ
テヒョン
テヒョン
調子なんて乗ってねーよ
あなた
あなた
えっ?
テヒョン
テヒョン
顔に書いてあっぞ?
あなた
あなた
……
テヒョン
テヒョン
っま、
テヒョン
テヒョン
という事で言うこと聞け?
あなた
あなた
……嫌です
テヒョン
テヒョン
は?
テヒョン
テヒョン
じぁ、
ドン
壁ドン
テヒョン
テヒョン
こうでもしないと、言うこと聞けんのか?
あなた
あなた
///....
あなた
あなた
わかりました、
あなた
あなた
言うこと聞きますから
あなた
あなた
どいて下さい