無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

893
2020/04/16

第24話

HAHAHAHAHA☆←ワロタwww



あのね!りこ(作者)から、お知らせだよー


作者↓↓↓


すいません⤵︎ 前。りこ、稟倖、いましたよねw

その所は気にしないで呼んでくれれば嬉しいです♡←ごめんな引いた(大吾)


いいわ!始まり始まり~⤵︎










あなた




流星「ふぅー!」




今ね、吸血鬼の市長(?)さんの所いる...





怖い怖い。←怖いじゃなくて緊張だよ(りこ)


うー。うん!









流星「大、大丈夫?」

あなた「多分...」

流星「行こかぁ。」



||☆\“(・_・。)コンコン



市長(?)「はーい」

流星「大西 流星と」

あなた「桃川 あなたです」

市長(?)「はい?」

ガチャ。




市長(?)「流星くん?この子は?人間の香りがするんだけども。?」

流星「そうです!あなたちゃんです!」


市長(?)「あ。うん。 何の用事で?」

流星「僕達付き合っていいですか?」

あなた「いいですか?」





市長(?)「おぉ。いいですよ!」


市長(?)さんがOKしてくれた。

なぜ。OKしてくれたのかな。?







作者のお話⤵︎



りこ「流星くん流星くん」

流星「なぁーに?」

りこ「りこね。学校言ったんだよ!」

流星「うんうん!」

りこ「あ、褒めてくれると思ったのに(ボソッ)」


恭平「褒める?w学校行くのは当たり前!!」

丈一郎「学校行ってなかったらバカになるよ?」

りこ「元々馬鹿だから!」

和也「まぁまぁ、偉い偉い(棒)」

りこ「棒読みだけど、嬉しいです😭」

大吾「ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙」

駿佑「まぁーいいじゃないですか!」

りこ「何がだよぉーーー」

謙社「うるさいです!」

なにわ男子+りこ-謙社「君も、うるさいわ!」

謙社「え?」

流星「無視)次回市長?さんがOKした、わけは?お楽しみにぃー♡」