無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,466
2020/04/03

第7話

ど、どうしよ。
ガラガラ。

あなた「み、みんなー( ; ; )」

愛梨「ど、どうしたの!!?」

優也「璃羽..里奈が連れてかれた。」

冬馬「はぁー?」

あ、他に出てくる人たちは友達です(作者)

夢斗「どうする?」

あなた「んー。」

みんな「みんなで、行こうよ。」

優也..あなた「「はぁー?!」」

みんな「だ、大丈夫じゃない?」

あなた「相手は吸血鬼!私たち能力も、何もつかえないんだよ?」

愛梨「でも!できる所まで、命をかけて。助けに行こうよ!」

冬馬「あー。愛梨の言う通りだよ。」

夢斗「友達だからな!」










そのころ。

流星「大ちゃん」

大吾「ん?」

流星「食べない?」

恭平「そうですよ!」

駿佑「そうですよ!」

謙社「お腹すきました!」

丈一郎「もうちょい待たない?」

和也「後から、いっぱいくるよ?フフッ」

恭平「まじ。すか!?」

流星「ほんとだ、人間の匂いがするニヤッ」

駿佑「わぁー」

大吾「まと?」

流星..謙社..駿佑..恭平「はーい/おん!」










あなた「あそこ。くらいよぉ。」

優也「やっば。」

みんな「手繋ご?」

優也「おん!」

あなた「うん!」


ギュ。

コトコト。



みんな「ついた!」

あなた「みんな、大丈夫?」

優也「死んでもいいなら、入るぞ!」

みんな「死んでもいい!死んだら解放される」

優也「天国、地獄で待ち合わせだな!」

あなた「バイバイ」

みんな「バイバイニコッ」

ガラガラ

みんなは、友達2人を助けるために

命を落としてもいい。っと決心して、吸血鬼のもとえ。