無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
318
2018/07/19

第2話

ありえない展開
ドアを開けるとそこには…………

“狼ゲーム”のメンバーが集められていた 。

霜月 ユキナリ)え……と
どうゆうことなの??
ドアを開けるとそこには…………

“狼ゲーム”のメンバーが集められていた 。

霜月 ユキナリ)え……と
どういうことなの??

新村 コウ)…ユキナリとリンタロウも集められていたか… 。

神木 リツ)おい, リンタロウ!!
これはどーゆーことだよ!!

リツは, リンタロウの前に立つ。

飯田 リンタロウ)僕も知らないよ…♪
目が覚めたらここにいたんだ…♪

リンタロウは, 微笑む 。
リツは, 溜息をつき離れていく 。

森 ミサキ)リンタロウ… !!

飯田 リンタロウ)ね…ぇ…さん??

リンタロウは, 真っ先にミサキの所に走っていく 。

飯田 リンタロウ)ねぇさん…!! ごめん…!
ほんとに……ごめん…!!

森 ミサキ)いいんだよ… 。
リンタロウはよく頑張ったよ 。

皆, 感動の再会を微笑んで見ていた 。

ウルフ)再会を邪魔して悪いな 。
そして, また会ったな 。ウルフだ 。

メリー)みんな大好き, メリーです 。

コイツらは狼ゲームのゲームマスターだ 。

ウルフ)今日はワケ合ってここに来てもらった 。 無理矢理な 。

メリー)そうですよ 。

メリーは “ふふふ” と笑う 。

土屋 タクヤ)はぁ!?
冗談じゃねぇ 。 今から, ユミカとのデートの約束があるんだ!!俺は帰らせてもらう 。

そう言って扉に手をかける 。

ウルフ)土屋 タクヤ 。
墓場行きか, ここに残る 。 早く決めろ 。

霜月 ユキナリ)(脅し……!?)

土屋 タクヤ)……!?
わ…わかった 。ここに残る 。

そう言って, 扉から手を離す 。

新村 コウ)ウルフ 。
単刀直入で聞こう 。なぜ俺らをここに呼んだ 。

ウルフ)言うのが遅れたな 。
なら, 単刀直入で返そう 。ここで日常を送って貰う 。

一瞬の沈黙が入った 。

皆)えええええええええっ!?