無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🐰
テヒョンさんに手を握られたまま歩き出して3分ほど経つ。













you
you
テヒョンさん?!どこにいくつもりですか?










相変わずあなたの声に耳を傾けもしない。












ひと気の少ないところに来るとテヒョンさんはピタッと足を止めた。
















テヒョン
テヒョン
あなたちゃん、グガのこと…好き?
you
you
好き……だけど今はグクが何考えてるのかわからなくて…









その瞬間、テヒョンさんはあなたを抱きしめる。
















you
you
テ、テヒョンさん!?
















テヒョンさんはもっと強くあなたを抱きしめて、
テヒョン
テヒョン
俺のこと好きになってよ。













テヒョンさんは

あなたを抱きしめていた腕を離したかと思うと、今度はあなたの両頬を両手で優しく包み込む。

























そして、あなたの唇に唇を重ねた。




















you
you
ちょ…テヒョンさん!?やめてください!











テヒョンさんの顔を見上げるといつもの明るくて、優しくて、ふわふわした雰囲気のテヒョンさんはそこにはいなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る