無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

🐰
テヒョン
テヒョン
あなたちゃん…?泣いてる…?
 









バスローブを着て、髪の毛もまだ濡れた状態のテヒョンさんがお風呂場から出てきた。
you
you
泣いてないです
















そう言ってベットの布団で顔を隠すあなた。






















テヒョン
テヒョン
隠さないでいいよ。俺の前では。













そう言って布団を剥がすテヒョンさん。















テヒョン
テヒョン
(か、かわい…って何考えてんだばか。)


















…
you
you
テヒョンさん……私……私…うぅ…












テヒョンさんは優しくあなたを抱きしめる。





















テヒョン
テヒョン
それ以上言わなくていいよ。










そう言ってベットに優しくゆっくりあなたを押し倒していくテヒョンさん。












you
you
テヒョン…さん…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る