無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

🐰
グクの前に立つあなた。


























でもグクには他のarmyに見せる笑顔がない。












…
グク
グク
なんで来た?
you
you
あの、それは…









口を開こうとした瞬間、グクがあなたに耳打ちをする。
グク
グク
待て。ここで話すのはまずい。サイン会が終わったら裏口に来い。







他のarmyはグクの耳打ちをファンサだと勘違いして、叫んでいる。











you
you
わかった。
スタッフさん
スタッフさん
終了です。









グクはあなたを見て、軽く頷き、







他のarmyやメンバーに不信感を抱かれないよう、
あなたに手を振った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る