無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🐰
ずっと黙ってあなたの話を聞いていたグクが口を開いた。





















グク
グク
お、おれは…









その瞬間、個室のドアが開く。












テヒョン
テヒョン
グガ〜?やっぱりグガだ〜!






そこにはテヒョンさん



















そして隣には綺麗な女の人が立っていた。
テヒョン
テヒョン
店員さんにさっきグガが来たよ〜って聞いたからさあ〜











それまで全く気づいてなかったテヒョンさんがあなたの存在に気づく。
テヒョン
テヒョン
えっ!?サイン会の子だよね?
あっ!ハンカチの!
you
you
は、はい…
テヒョン
テヒョン
僕に連絡してって言ったのに〜グガとご飯行くなんてひどいじゃん〜😭
グク
グク
ヒョン、あなたに連絡先教えたんですか?
テヒョン
テヒョン
うん😊可愛かったからね😊














グクは頭を抱えて髪の毛をくしゃくしゃにする。
グク
グク
ヒョン、あなたと大事な話してるんで出てってくれませんか?
テヒョン
テヒョン
ふ〜ん…わかったわかった、じゃあね









テヒョンさんはあなたにウインクして部屋をあとにした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る