無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🐰
グクと別れてから1ヶ月間、グクのことを忘れようと家督や写真を全て消したあなた。







でも実の所は1ヶ月間グクのことを考えなかった日はなかったあなたです。



you
you
なんでグクが手紙を…?








疑問に思いながらも封筒を開け、手紙を取り出す。
グク
グク
あなたへ

急にごめん。
家督で一度話そうと送ろうと思ったんだけどあなたが消えてたから手紙になりました。

あなたに誤解はして欲しくなかったら手紙を書きました。

これだけはわかって欲しいから。
別れようって言ったのはあなたのことが好きじゃなくなったからじゃない。

でもあの時すぐに答えられなかったのは、好きだよって言ったらあなたと離れられなくなるって思ったから。

ごめん。

俺はデビューしたらきっと忙しくなる。
メンバーと宿舎で暮らすことになるからあなたと過ごす時間もなかなかとれなくなる。

だから俺はあなたを幸せにすることはできない。

あなたのこと、好きだよ。

でも、だからこそ別れたい。

あなたには幸せになって欲しい。

自分勝手でごめん。

どうか、俺のことは忘れて幸せになってください。
今までありがとう。
幸せな時間をありがとう。

チョン・ジョングク

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る