無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第76話

🐰
ジミンさんはすごく驚いている。















ジミンさんは深くため息をつき
















あなたに近づいてくる。















そしてあなたの目の前でピタッと足を止め、














あなたの耳元に顔を近づける。





















you
you
ジミンさん…?
















ジミンさんはあなたの耳元で













ジミン
ジミン
僕のものにしようと思ってたのにな…











と小声で呟く。










you
you
えっ!?









あなたは驚いてジミンさんから距離を引く。

















ガチャ









扉が開く。








グク
グク
ジミニヒョン…?
ジミン
ジミン
おっ、あっ、グガ〜
グク
グク
何してるんですか?
ジミン
ジミン
いや?何もしてないけど?
グク
グク
じゃあなんでここにいるんですか?
ジミン
ジミン
ジニヒョンが朝ごはん作ってくれたから呼びに来たんだよ〜
グク
グク
今日はいらないので










そう言ってジミンさんを追い出す。












you
you
グク…テヒョンさんは?
グク
グク
昨日は帰ってないみたい。
you
you
そうなんだ…(あのホテルに泊まったのかな…)
グク
グク
それより、ジミニヒョンになんかされた?
you
you
何もされてないよっ



















なにもされてないといえば嘘になるけど、なにかされたわけでもない。
















グクは安心したように笑顔になる。
グク
グク
よかった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る