無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第92話

🐰
ジミンさんの部屋へ入ると







ジミン
ジミン
座って










と言われたのでソファに座るあなた。











ジミンさんはベットの上に座る。

























ジミン
ジミン
あなたちゃん。朝はごめんね。
you
you
大丈夫です。ジミンさん、ジミンさんの気持ちは凄く嬉しいんですけど…
ジミン
ジミン
それ以上言わないで。言われても辛いだけ。
you
you
ごめんなさい…
ジミン
ジミン
謝らないでよ。
you
you
ジミンさん、私はジミンさんがいなかったらこの宿舎に来ることはなかったし、グクと復縁もすることは無かったと思います。だからジミンさんにはすごく感謝してるんです。







.













you
you
だからこそ…ジミンさんには一番に応援して欲しいんです。わがまま言ってごめんなさい。
ジミン
ジミン
ごめん。すぐにはあなたちゃんを好きな気持ちは変えられない。
you
you
そう…ですよね…
 





.











ジミン
ジミン
でも、時間はかかるかもしれないけど、少しづつ二人を応援できるように頑張る。
you
you
えっ…ほんと…ですか?
ジミン
ジミン
うん☺️










ジミンさんはきっと無理して笑ってた。





















でも、応援できるように頑張るって言ってくれたその気持ちはきっと嘘じゃないと思う。





















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る