無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第72話

🐰
グクはあなたをギュッと抱きしめる。






























抱きしめていた腕を離したかと思うとあなたの手を引き、ベットに座らせる。













そしてグクもあなたの横に座った。















しばらく沈黙が続いたあと、グクは口を開く。














グク
グク
俺、前付き合ってた子のおかげでやっぱりあなたじゃないとだめなんだって気づけたって言ったよな…?












.
you
you
うん。
グク
グク
だから俺、その子と別れて、あなたを迎えに行こうと思ったんだ。俺にはあなたが必要だって思ったから。










.
you
you
そ、そうなの…?








あなたは驚きを隠せない。










グク
グク
でもそんなとき、殺害予告が出た。













.
グク
グク
もし、今俺があなたを迎えに行ったら絶対にあなたに迷惑をかける。辛い思いもさせる。だから、迎えに行くことは出来なかった。















グクはそのときを思い出すかのように辛い表情をしている。
グク
グク
でも…
















.
グク
グク
サイン会にあなたが来た。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る