無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🐰
you
you
わあ…😯






すぐそこに防弾少年団がいる。












ライブではスタンド席だったため、はっきり見えなかった彼らの姿。












今ははっきり見える。
















あなた、口が塞がりません。笑













同じ人間とは思えないほど素晴らしいスタイルで、美形な7人が目の前にいる。








メンバーの簡単な自己紹介を終えた後、armyが1人ずつメンバーの前に立ち、会話やボディタッチを交わしながらサインを貰う。













あなたは一番最後のため、座席から彼らを眺める。
you
you
グク、ほんとに大人になったんだなあ











なぜか親目線のあなた笑
you
you
ほんとに、かっこよくなったなあ









サインの順番を座席で待つarmyは
armyさん
armyさん
ジョングガ〜!!
armyさん
armyさん
ナムジュニオッパ〜







メンバーの名前を呼ぶarmy。






それに気づいたメンバーはarmyにファンサ。
armyさん
armyさん
キャーーー!!!











あなたは近くの座席の人がグクにファンサを貰う度、







you
you
気づかれたかな?((( ;゚Д゚)))




と、怯えてます。





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る