無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第84話

🐰
ジミンside







昨日の夜のこと。








ジムからの帰り道。









目の前で女の子が派手にコケた。









僕は思わず声をかけた。










女の子の顔を見た瞬間、ピンと来た。
ジミン
ジミン
(サイン会来てた子だ)












そのときあなたちゃんと会うのはサイン会があったから初めてじゃなかったけど















僕はそのときあなたちゃんに一目惚れしたんだと思う。













なのに。











グガの彼女になるなんて。






















グガの兄として応援したい気持ちはあった。











でも











あなたちゃんを好きな気持ちはグガには負けてない。












そして我慢できずあんなことを…







リビングを後にし、自分の部屋に入ったジミン。













ジミン
ジミン
はあ、僕バカじゃん。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🐰
🐰
読んでくださる方が少しでも幸せな気持ちになってくれればと思って書いてます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る